第44回ベストドレッサー賞2015

2015_01

鈴木 直道(政治部門)
PROFILE
夕張市市長
すずきなおみち/1981 年3月 14 日生まれ。埼玉県出身。経済的な事情から大学進学を断念し、1999 年、東京都庁に入庁。2000 年 4 月、都庁に勤めながら法政大学第二部法学部法律学科に入学。大学では体育会ボクシング部主将も務め、2004 年に卒業。2008年 1 月、猪瀬直樹東京都副知事の発案により夕張市に派遣。2010 年 11 月に東京都を退職し、翌年 4 月、夕張市長選挙に無所属で出馬。当時全国最年少の 30 歳 1 か月で初当選を果たした。2013 年、ダボス会議を開く世界経済フォーラムが選ぶ「ヤング・グローバル・ リーダーズ」に選出。2015 年 4 月、夕張市長に再選。
選考理由
東京都庁から夕張市に派遣され、3年後、市民有志に推されて市長選に立候補、当選当時全国最年少の市長となり、事実上財政破綻の夕張市の再生に奮闘する鈴木直道さん。学生時代ボクシング部の主将として鍛えた身体を包み希望と自信をみなぎらせたスーツ姿は、まさに男の勝負服スタイル。若手政治家を代表する颯爽としたベストドレッサーです。

2015_02

澤田 秀雄(経済部門)
PROFILE
エイチ・アイ・エスグループ代表
さわだひでお/1951 年 2 月 4 日生まれ。大阪府出身。旧西ドイツ・マインツ大学に留学中、世界 50 か国以上を旅する。1980 年、新宿駅西口に旅行会社、株式会社インターナショナルツアーズを設立。格安航空券を中心に個人旅行、パッケージ旅行の販売を手がける。1990 年、株式会社エイチ・アイ・エスに社名変更。1996 年にはオーストラリア・ゴールドコーストにホテル「Watermark Hotel Gold Coast」をオープン。1998 年、新規参入航空会社、スカイマークエアラインズ(現スカイマーク)を設立。1999 年、協立証券株式会社(現エイチ・エス証券株式会社)の株式を取得し、代表取締役に就任。2007 年、エイチ・エス証券株式会社は持株会社制へ移行し、澤田ホールディングス株式会社となる。2010 年 4 月より、長崎県佐世保市のテーマパーク、ハウステンボスの社長に就任。
選考理由
電話1本で始めたベンチャー旅行会社を年商5千億円の超一流企業に育て、航空業界に新規参入や証券会社を立て直すなど業種にとらわれない経営で辣腕を発揮する澤田秀雄さん。着るものには無頓着であったと謙遜するが、世界を股に掛け、多くの国際人との交流から培われたファッションセンスは超一流。明るく、楽しく、元気なベストドレッサーです。

2015_03

又吉 直樹(学術・文化部門)
PROFILE
芸人
またよしなおき/1980 年6月2日生まれ。大阪府出身。お笑いコンビ・ピースのボケ担当。小学生の頃からサッカーを始め、高校時代は関西の強豪北陽高校(現:関西大学北陽高等学校)サッカー部でインターハイ出場経験を持つ。2003 年まで原偉大と「線香花火」というコンビで活動していたが解散し、その後、同期で仲の良かった綾部祐二とピースを結成し、現在に至る。趣味は散歩と読書と音楽鑑賞。2015 年、小説『火花』で芥川賞を受賞。お笑い芸人での受賞者としては史上初の快挙である。NHK E テレ『オイコノミア』、関西テレビ『ほっとするわ』、フジテレビ『ミライ☆モンスター』などに出演中。『火花』(文藝春秋)のほか、『第 2 図書係補佐』(幻冬舎よしもと文庫)、『冬の本』(夏葉社)『東京百景』(ワニブックス)、『芸人と俳人』(集英社 俳人堀本裕樹との共著)、『カキフライが無いなら来なかった』、『まさかジープで来るとは』(ともに幻冬舎 せきしろとの共著)などの著作がある。
選考理由
本年7月、小説「火花」でお笑い芸人としては初の芥川賞を受賞し、受賞作の単行本としては239万部を突破するという歴代1位の売り上げを記録した又吉直樹さん。古着を自分風にアレンジし、あんまり見たことがない服が好きと言う、その個性的なファッションも以前から注目されていたが、文士としての風格も加わり堂々のベストドレッサーです。

2015_04

吉田 羊(芸能部門)
PROFILE
女優
よしだよう/2月3日生まれ。福岡県出身。1997 年、小劇場の舞台で女優デビュー。2001 年に仲間と劇団を旗揚げし、主演女優を務める。2007 年、フジテレビドラマ『愛の迷宮』で映像デビュー。NHK 大河ドラマに 2011 年『江〜姫たちの戦国〜』、2012 年『平清盛』と連続出演。2012 年 10 月からは、NHK 連続テレビ小説『純と愛』出演、さらに 2013 年には同ドラマのスピンオフ作品『富士子のかれいな一日』で主演。2014 年、フジテレビドラマ『HERO』で、女性検事・馬場礼子役に抜擢され、一気に知名度が高まった。2015 年 10 月からは TBS ドラマ『コウノドリ』に出演中。2016 年にはNHK 大河ドラマ『真田丸』出演。また黒木瞳初監督映画『嫌な女』で映画初主演を務める。
選考理由
舞台女優としてマイペースに経験を重ねてきたが、この数年数々のテレビドラマに出演しクールな役柄をこなす一方、バラエティ番組では明るく親しみやすい印象をあたえ、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの吉田羊さん。ファッションも決して流行を追いかけるのではなく、素材もスタイルもあくまでも自分らしさにこだわる冷静で理知的なベストドレッサーです。

2015_05

松坂 桃李(芸能部門)
PROFILE
俳優
まつざかとおり/1988 年 10 月 17 日生まれ。神奈川県出身。2008 年、雑誌『FINEBOYS』の専属モデルオーディショングランプリを受賞。2009 年、テレビ朝日『侍戦隊シンケンジャー』で俳優デビュー。2011 年、出演した映画『アントキノイノチ』、『僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.』で第 85 回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第 33 回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。2012 年、NHK 連続テレビ小説『梅ちゃん先生』、2014 年、NHK 大河ドラマ『軍師官兵衛』、2015 年、映画『日本のいちばん長い日』『図書館戦争』『劇場版 MOZU』ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』など、数多くの映画、ドラマ、CM で活躍している。
選考理由
学生時代にファッション誌のモデルオーディションでグランプリを受賞し、翌年特撮ドラマで俳優デビュー、今や映画、ドラマ、舞台と大活躍の松坂桃李さん。実は、真面目で人見知りでオタク気質だが、ファッションには興味が深く、ブランドよりも素材や着心地、スタイルや色味などにこだわる、さりげなく、かつ華のあるベストドレッサーです。

2015_06

シャーロット・ケイト・フォックス(インターナショナル部門)
PROFILE
女優
シャーロット・ケイト・フォックス/1985 年8月 14 日生まれ。アメリカ・ニューメキシコ州出身。祖母はスコットランド人。カレッジ・オブ・サンタフェ演劇ダンス専攻で BFA(学士)取得後、ノーザンイリノイ大学演劇専攻の MFA(修士課程)修了。さらにステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティング等、著名スクールで演技・ダンススキルを磨く。本国で舞台『毛皮を着たビーナス』『ザ・スメル・オブ・ザ・キル』『バスストップ(バス停留所)』等のメインキャラクターを演じ、その演技力・ダンスのスキルに高い評価を得る。2014 年、NHK 連続テレビ小説『マッサン』に、ヒロイン・エリー役として出演、大きな注目を集める。 2015 年、ミュージカル『シカゴ』の主役のロキシー・ハート役に抜擢。NY・アンバサダー劇場のほか、12 月に東京の東急シアターオーブ、大阪の梅田芸術劇場で上演される。
選考理由
NHK 連続テレビ小説「マッサン」のヒロイン・エリー役で多くのファンをつくり、今秋ブロードウェイミュージカル「シカゴ」の主役ロキシー・ハート役で好評を博したシャーロット・ケイト・フォックスさん。普段は T シャツにジーンズを基本としたアメリカンカジュアルで過ごすそうですが、器用に役をこなすようにマルチに着こなすベストドレッサーです。

第43回ベストドレッサー賞2014

2014_bd_01

豊田 章男(経済部門)
PROFILE
トヨタ自動車株式会社取締役社長
とよだあきお/ 1956 年5月3日生まれ。1975 年慶應義塾大学法学部入学。1978 年大学で始めたグラウンドホッケーで日本代表に選ばれる。1979 年、慶應義塾大学卒業後、米・バブソン大学へ留学。1982 年、同大学経営大学院を修了し、MBA 取得。1982 年、米投資銀行・A.G.Becker & Co. に入行。1984 年、トヨタ自動車株式会社に入社、生産管理や国内営業などを担当。1998 年、ニューユナイテッドモーターマニュファクチャリング株式会社出向、同社副社長就任。2000 年、トヨタ自動車株式会社Gazoo 事業部主査。同年、同社取締役就任。2001 年、アジア本部本部長。2002 年、常務取締役就任。2003 年、専務取締役就任。2005 年、豪亜中近東本部本部長、中国本部本部長、情報事業本部本部長、取締役副社長就任。2007 年、「ニュルブルクリンク24 時間耐久レース」に初参戦。2009 年より、同社取締役社長。2010年、大規模リコール問題で、アメリカ合衆国議会の公聴会に出席。2013 年よりレクサスインターナショナル事業ユニットを担当。
選考理由
純利益2兆円の世界企業を引っ張る豊田章男社長は、黙して語らずの傾向の強いオーナー家系にあって、積極的に内外とコミュニケーションをとる行動派タイプ。自分がかっこよくなれば、会社のイメージも車のイメージもよくなるをモットーに、スーツ、カジュアルから作業着、レーシングスーツまでをも着こなします。まさに経済界を代表するベストドレッサーです。

2014_bd_02

片岡 愛之助(学術・文化部門)
PROFILE
歌舞伎俳優
かたおかあいのすけ/1972年3 月4 日生まれ。大阪府出身。屋号・松嶋屋。1981年12 月、十三世片岡仁左衛門の部屋子となり、南座『勧進帳』の太刀持で片岡千代丸を名乗り初舞台。1992年1 月、片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座『勧進帳』の駿河次郎ほかで六代目片岡愛之助を襲名。2008年12 月、上方舞楳茂都流四代目家元を継承し、三代目楳茂都扇性(うめもとせんしょう)を襲名。 2013 年、愛之助主演の通し狂言「夏祭浪花鑑」(大阪松竹座)が第68 回文化庁芸術祭演劇部門優秀賞を受賞。おおさかシネマフェスティバル2012 助演男優賞、第21 回日本映画批評家大賞助演男優賞など受賞多数。
選考理由
生まれ育った大阪に住み続け、上方歌舞伎への思いが人一番強い片岡愛之助さんは、TVドラマ「半沢直樹」でのオネエ口調の粘着質な役で視聴者に強い印象を与え、難しい役をやらせたら当代随一ともいわれています。紳士服のCMキャラクターもつとめ、ファッションは仕立てと生地にこだわり着慣れることとか。堂々のベストドレッサーです。

2014_bd_03

小山 薫堂(学術・文化部門)
PROFILE
放送作家・脚本家
こやまくんどう/ 1964 年6月23日生まれ。熊本県出身。 これまでに「料理の鉄人」「ニューデザインパラダイス」など斬新な番組を数多く企画・構成。初の映画脚本となる「おくりびと」では、第60 回読売文学賞戯曲・シナリオ部門賞、第32 回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第81 回米アカデミー賞外国語部門賞を受賞した。そのほかにも、下鴨茶寮主人、八重洲の「京都館」館長を務めるなど活動は多岐にわたる。くまモンの生みの親でもある。
選考理由
初の映画脚本「おくりびと」で数々の賞を受け、人気キャラクター「くまモン」の生みの親であり、仮想ブランド「チャーリー・ヴァイス」の仕掛け人でもあり、京都の料亭の主人など多彩な活動を繰り広げられている小山薫堂さん。どこかキュートで遊び心がある服を好み、スマートにジャケットを着こなす小山さんにベストドレッサー賞を授与します。

2014_bd_04

宮沢 りえ(芸能部門)
PROFILE
女優
みやざわりえ/ 1973 年4月6日生まれ。東京都出身。11歳でモデルデビューし、雑誌『セブンティーン』の表紙モデルなどを務める。1987 年、CM「三井のリハウス」に〝転校生の白鳥麗子" 役で出演し注目を集める。1988 年『ぼくらの七日間戦争』で映画初出演にして初主演を果たす。以後、美少女アイドルとして人気を博し、CM やドラマで大活躍する。2002 年、香港映画『華の愛 遊園驚夢』でモスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞。同年、山田洋次監督初の時代劇『たそがれ清兵衛』に主演し、第26 回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ、数々の映画賞を獲得する。2005年『父と暮せば』で第47 回ブルーリボン賞主演女優賞、2014 年舞台『MIWA』で第39 回菊田一夫演劇賞、同年、映画『紙の月』で第27 回東京国際映画祭最優秀女優賞など受賞多数。
選考理由
主演映画「紙の月」で第27回東京国際映画祭最優秀女優賞に輝いた宮沢りえさん。過去の数々の映画賞受賞とともに舞台人としての演技にも定評があります。キャリアの原点であるモデルという仕事でセンスを磨き、女優として時代劇からシリアスな現代劇まで演じることで内面をも表現するファッション感覚をお持ちの宮沢さんにベストドレッサー賞です。

2014_bd_05

鈴木 亮平(芸能部門)
PROFILE
俳優
すずきりょうへい/ 1983 年3 月29 日生まれ。兵庫県出身。東京外国語大学(英語専攻)卒業。2006 年、テレビドラマ『レガッタ』で俳優デビュー。 翌2007 年12 月公開の『椿三十郎』で映画デビュー。以降、数多くのドラマ、映画に出演。2013 年4 月公開の映画『HK /変態仮面』主演。 2014 年は主演映画『TOKYO TRIBE』で最狂の男・メラ役を、映画『ホットロード』では暴走族のリーダー・トオル役を、NHK 連続テレビ小説『花子とアン』では、吉高由里子演じるヒロインの夫・村岡英治役を演じる。
選考理由
NHK連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインの夫役として20代から60代までを演じ、俳優として更に成長された鈴木亮平さん。トラディショナルでフォーマルなスタイルを好み、特にこだわるのはサイジングであり、素材も気にするとのこと。ファッションモデルのキャリアと186cmという長身で颯爽と着こなす姿はまさにベストドレッサーです。

2014_bd_06

福原 愛(スポーツ部門)
PROFILE
プロ卓球選手 /ANA所属
ふくはらあい/ 1988 年11月1日宮城県生まれ。プロ卓球選手。ANA 所属。3 歳9ヵ月から卓球を始め、4 歳で全国大会に出場。5 歳10ヵ月で全日本選手権バンビの部(小2 以下)史上最年少優勝。以降、数多くの大会で史上最年少優勝記録を作る。小4 でプロ宣言。2003 年には14 歳の若さで世界選手権個人戦に初出場し、日本勢の中でひとりベスト8 進出。15 歳で自身初の五輪となるアテネオリンピックに出場し、シングルスベスト16 に進出。2005 年、中国超級リーグに初参加。2008 年の北京オリンピックでは日本選手団の旗手を務め、女子団体で4 位入賞。2012 年、全日本選手権・女子シングルス初優勝。同年、ロンドンオリンピック女子団体で日本卓球史上初となる銀メダル獲得。2013 年、全 日本選手権・女子シングルス2 年連続優勝。同年、荻村杯ジャパンオープン・女子シングルス優勝。
選考理由
3歳で卓球のラケットを握り、その実力とはにかんだような笑顔で国民的な人気者の福原愛さん。試合で勝ってみんなに喜んでもらうのが一番嬉しいという福原さんは、自分の家でファッションショーをしたりするという大の洋服好きで、中でもワンピースが好きだという。その凛々しいユニフォーム姿と共にとても清楚な福原さんにベストドレッサー賞です。

2014_bd_07

笹本 恒子(特別賞)
PROFILE
フォトジャーナリスト
ささもとつねこ/ 1914 年9 月1 日生まれ。東京都出身。日本写真家協会名誉会員。1940 年に財団法人写真協会に入社し、日本初の女性報道写真家になる。戦後はフリーフォトジャーナリストとして政治家小説家、画家など時代の寵児を取材・撮影。また、三井・三池争議60 年代安保闘争などを追った社会派の写真も多い。一時、写真の仕事から遠ざかるも、1985 年、20 年余りの沈黙を破り、戦中、戦後を代表する各界の著名人を集めた写真展「昭和史を彩った人たち」を開催し、写真家として復帰。2001 年には第16 回ダイヤモンドレディー賞受賞。2010 年、96 歳にして開催した個展「恒子の昭和」が大反響を呼ぶ。2011 年、第45 回吉川英治文化賞、日本写真家協会功労賞受賞。2012 年、第10 回グッドエイジャー賞受賞。100歳を迎えた現在も取材・撮影・講演で国内外を飛び回る。『ふだん着の肖像 昭和20-30 年代を彩った100 人』(新潮社 1988 年)、『夢紡ぐ人びと 一隅を照らす18 人』(清流出版 2002 年)、『好奇心ガール、いま97 歳』(小学館 2011 年)など著書、写真集多数。
選考理由
日本の女性報道カメラマンで、激動の昭和史に名を残した時代の寵児達を数多く撮影してきた笹本恒子さんは今年で100歳。その長寿の秘訣は好奇心と生涯現役のカメラマンでいること。若い時、好きな絵描きを諦め専門的に学んだ洋裁で裁断からデザインまでこなせる笹本さんの自由自在の生活スタイルとファッションにベストドレッサー賞を授与します。

第42回ベストドレッサー賞2013

t_01

安倍 晋三(政治部門)
PROFILE
内閣総理大臣
1954年9月21日生まれ。成蹊大学法学部卒業後、アメリカ留学を経て、1979年、株式会社神戸製鋼所入社。1982年より外務大臣秘書官に。1993年、衆議院議員初当選。2000年の森内閣で内閣官房副長官に就任し、2002年の小泉内閣まで務め、その間に北朝鮮による日本人拉致問題解決に尽力する。2003年~自由民主党幹事長、2005年~内閣官房長官を歴任し、2006年、第90代内閣総理大臣に就任。持病の悪化のため翌年辞任するも、2012年、自由民主党総裁に復帰。同年12月26日、第96代内閣総理大臣に就任して現在に至る。
選考理由
確固たる信念に基づき大胆かつ着実な政策を推し進め、多くの国民の期待と支持を得ている安倍首相。就任1年で20ヶ国以上訪問し積極的な外交もこなす首相のファッションは、極めて仕立ての良いダークスーツに純白のシャツ、そして鮮やかな色のストライプか無地のネクタイが基本となっています。日本に自信と矜持を回復させる姿勢の表れとも言える、オーソドックスでぶれないファッションに、2002年に続き2回目のベストドレッサー賞です。

t_02

橋谷 有造(経済部門)
PROFILE
アメリカンホーム保険会社社長兼CEO 日本における代表者
1965年11月24日、東京生まれ。高校卒業後、米国の大学に留学。大学卒業後、現地の日系商社勤務を経て、1992年アメリカンホーム保険会社入社。コールセンター統括部長、スポンサーマーケティング本部長、マーケティング担当バイスプレジデントなどを経て、2010年4月、44 歳で社長兼CEO に就任。ダイレクト系保険会社の肝といえるコールセンター改革の推進や、ガン経験者でも入りやすいガン保険の発売など、画期的ともいえる取組みに手腕を振るう。趣味はゴルフ。
選考理由
2010年に44歳の若さでアメリカンホーム保険の社長兼CEOに就任した橋谷さんは、社の根幹業務のコールセンターのドラスティックな改革をはじめ積極的な商品開発や社会活動を展開。そのビジネスセンスを養った米国留学・米国勤務では、自由でカジュアルなファッション感覚も身に着けられました。プロ並みの腕前のゴルフで鍛えた、引き締まった肉体と日焼けした顔で新しい経営者を実践する橋谷さんにベストドレッサー賞を授与します。

t_03

百田 尚樹(学術・文化部門)
PROFILE
小説家・放送作家
1956年2月23日大阪府生まれ。同志社大学中退後、放送作家として人気番組『探偵! ナイトスクープ』『大発見!恐怖の法則』など人気番組の構成・脚本を多数担当。2006年、零戦乗りの特攻隊を描いた『永遠の0』で作家デビュー。2012年に発表した『海賊とよばれた男』で今年、本屋大賞を受賞。その他の作品に、『ボックス!』『モンスター』『影法師』『風の中のマリア』『輝く夜』『夢を売る男』『幸福な生活』など。現在、「週刊新潮」に『フォルトゥナの瞳』を連載中。
選考理由
放送作家として数々の人気番組を育て、50歳にして『永遠の0』で鮮烈に文壇デビュー、次々と話題作を発表し、今や押しも押されもせぬベストセラー作家の百田さん。服装で目立ったり個性を発揮したりするのは愚の骨頂、男は仕事と生き様が肝心と喝破する百田さんにとってスーツは普通の仕事着だと語ります。その信念があればこそ、堂々たる体躯で颯爽とスーツを着こなし、さりげなくアクセントをつける姿は、まさにベストドレッサーそのものです。

t_04

夏木 マリ(芸能部門)
PROFILE
1973年歌手デビュー。’80 年代から演劇にも活動の場を広げ、芸術選奨文部大臣新人賞などを受賞。1993年からコンセプチュアルアートシアター『印象派』で、身体能力を極めた芸術表現を確立。2009年、バラと音楽の支援活動団体『One of Love プロジェクト』を設立。2012年、NHK 連続テレビ小説『カーネーション』で晩年のヒロインを好演。本年、エッセイ『私たちは美しさを見つけるために生まれてきた』(幻冬舎)を出版。夏フェスへの出演、ライブ開催など勢力的な音楽活動で反響を呼び、さらに『夏木マリ 丈夫も芸のうち』(NHK ラジオ第1毎週火曜20:05‐20:55)ではパーソナリティ、WEB マガジン『NATSUKI ROCK』natsukirock.com では編集長を務めるなど、多方面で幅広く活動。2013年11 月より音楽トーク番組『夏木スタイルOne of Love』(TOKYO MXTV 毎週月曜23:00‐23:30)がスタート。2014年1 月5日よりBS プレミアムドラマ『花咲くあした』(毎週日曜22:00-22:49)、1月9日よりCX『医龍4』(毎週木曜22:00-22:54)に出演。
選考理由
妖艶な振り付けの「絹の靴下」でデビューしたのが1973年。歌手はもちろんのこと、俳優・声優として映画、テレビ、舞台で存在感のある演技を披露する一方、コンセプチュアル・アートシアター『印象派』で新たなステージ芸術を確立、まさに八面六臂の活躍の夏木さん。中途半端なファッションを嫌い、普段はデニムとTシャツ、ドレスアップは思い切りラグジュアリーと、人生そのものを芸術とする夏木さんをベストドレッサー賞でたたえます。

t_05

堀北 真希(芸能部門)
PROFILE
女優
1988年10月6日、東京都生まれ。B 型。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』では、ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞、エランドール賞新人賞、第29回日本アカデミー賞新人俳優賞など賞を総なめに。その後も『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』『梅ちゃん先生』などヒット作に出演。現在は主演フジテレビ系ドラマ『ミス・パイロット』が放送中。12月には主演を務めた映画『麦子さんと』の公開も控えている。来年2月には舞台『9days Queen』の主役ジェーン・グレイを演じることも決定している。
選考理由
『ALWAYS 三丁目の夕日』で新人俳優とし映画賞を総なめし、『梅ちゃん先生』や『ミス・パイロット』と次々とヒロインを演じ、目覚ましい活躍を遂げる実力派若手女優の堀北さん。女優という職業は、自分では経験できないようなさまざまな人生を生きることができ毎回新鮮だと語ります。そして、ファッションは着ている本人の気持ちが明るく楽しくなるだけでなく、周りまで幸せにする力があると言う堀北さんへベストドレッサー賞を授与します。

t_06

綾野 剛(芸能部門)
PROFILE
俳優
1982年1月26日、岐阜県生まれ。2003年『仮面ライダー555』で俳優デビュー。『クローズZERO II』『GANTZPERFECT ANSWER』『へルタースケルター』『るろうに剣心』『その夜の侍』『横道世之介』『シャニダールの花』『ガッチャマン』『夏の終わり』など映画話題作への出演が続く。また、『Mother』『GOLD』『クレオパトラな女たち』『八重の桜』『空飛ぶ広報室』など、テレビドラマへの出演も増え、2012年『連続テレビ小説・カーネーション』では長崎弁で話す紳士服職人を演じ、認知度を広める。2013年ドラマ『最高の離婚』で東京ドラマアウォード2013・助演男優賞を受賞した。また、2014年は、映画『白ゆき姫殺人事件』『そこのみにて光輝く』公開予定。また、TBS ドラマ・日曜劇場『S- 最後の警官-』が1月より放送。
選考理由
2003年に俳優デビュー後、音楽活動をしたり、CDジャケットや衣装のデザインをしたりと、マルチな才能を発揮する綾野さん。『空飛ぶ広報室』『ガッチャマン』『夏の終わり』『カーネーション』『八重の桜』等独特の雰囲気を持つ実力派俳優ではあるが、個人より作品で評価され役名で呼ばれたいとも語る。ファッションは、生地と裁断にこそデザイナーの思想が宿ると言い切る綾野さんの独自の主張と感性にベストドレッサー賞を授与します。

t_07

佐藤 琢磨(スポーツ部門)
PROFILE
レーシングドライバー
1977年1月28日、東京都生まれ。高校時代から自転車競技を始め、インターハイ、全日本学生選手権優勝など華々しい戦績を残す。早稲田大学在学中の1997年、鈴鹿サーキットレーシングスクールに入門。さらには世界の強豪ひしめく英国へ渡り、イギリスF3へ挑戦。2001年に同シリーズ総合優勝を果たし、翌年F1デビュー。2004年ヨーロッパGP では日本人ドライバー史上初となる予選最前列を獲得。続くアメリカGP ではついに表彰台に上がる快挙を成し遂げた。2010年からは活動の拠点をアメリカに移しインディカー・シリーズに参戦。翌年には日本人ドライバー史上初のポールポジションを獲得。2012年は3位表彰台、インディ500 でも優勝争いを演じる。2013年は第3戦ロングビーチにてアジア人ドライバー史上初の優勝に輝き、続く第4 戦サンパウロでも2位と連続で表彰台を獲得した。
選考理由
2013年4月21日、インディカー・シリーズ第3戦ロングビーチにてアジア人ドライバー史上
初の優勝を手にした佐藤さん。そのレーシングスーツは、グローブは指の1本1本まで長さを調整し、シューズは足の形に完璧に合わすというオーダーメイドで耐火機能ももつ完全な機能服です。その緊張の服から心と身体を解き放ち、Tシャツとデニムに身を包んだカジュアルスタイルの佐藤さんこそ真にファッションを楽しむベストドレッサーです。

t_08

草間 彌生(インターナショナル部門)
PROFILE
前衛芸術家・小説家
1929年3月22日、長野県生まれ。10歳の頃から水玉と網模様をモチーフに幻想的な絵画を制作。1957 年渡米、巨大な平面作品、ソフトスカルプチャー、鏡や電飾を使った環境彫刻を発表する。’60年代後半にはボディーペインティングなど多数のハプニングを行う。1973年帰国、美術作品の制作発表を続けながら、小説、詩集も多数発表。2001年朝日賞受賞。2009年文化功労者に選出。近年では2011年5月よりスペインのマドリードを皮切りにフランス、イギリス、アメリカを巡回する大規模な個展が開催された。2013年、アルゼンチンのブエノスアイレスで南米回顧展が巡回を開始し、ブラジル、メキシコに巡回予定。近作展「KUSAMA YAYOI, A Dream I Dreamed」は韓国、中国、台湾、インドに巡回予定。
選考理由
「木も、太陽も、私たちもひとつの水玉だ」とする草間さんは10歳のころから水玉模様をモチーフとした作品を制作していました。若い日から芸術の才能を発揮し、前衛芸術家を自称する草間さんは、マイナーを余儀なくされる前衛でありながら世界の多くの支持を得ています。「ファッションとは自分の人生観や哲学観が表現される、ひとつの思想の表れ」と語る草間さんの、時代の先を行きインパクトのある表現にベストドレッサー賞を贈ります。

t_09

滝川 クリステル(特別部門)
PROFILE
フリーアナウンサー
1977年10月1日、フランス生まれ。青山学院大学文学部仏文学卒業。フジテレビ系列『ニュースJAPAN』のキャスターに抜擢、2009年まで7年間務め、フリーに。現在は、NHK BS1「グローバルディベートWISDOM」メインMC、J - WAVE「NIPPONEXPRESS SAUDE! SAUDADE…」パーソナリティーを担当。BS フジ「Earth Walker」では木登り、ダイビング、洞窟探検などアクティブな一面も見せている。他にも、2011年4月~ WWF( 世界自然保護基金) ジャパン顧問、2012年6月~世界の医療団親善大使を務めながら、2013年1月には、フランス藝術文化勲章( シュバリエ) を受章。記憶に新しいところでは、2013年6月~東京2020オリンピック・ パラリンピック招致 Cool Tokyo”( クール・トーキョー) アンバサダーとしてプレゼンテーションに参加し、東京招致に貢献する等、アナウンサーの枠にとらわれない幅広い活動を行っている。
選考理由
「おもてなし」で五輪委員会の人たちの心をつかみ、「TOKYO」でだれよりも喜びにあふれた歓喜の笑顔を見せた滝川さんのスタイル。それは招致関係者の統一スーツでありながら、まさに多くの日本人の脳裏に残る滝川ファッションそのものです。積極的に動物愛護運動を支援するなど、アナウンサーの枠にとらわれない幅広い活動を行っている滝川さんは型にはまらない自分らしいファッションを追求。才色兼備のベストドレッサーの誕生です。

第41回ベストドレッサー賞2012

t_01

高岡 浩三(政治・経済部門)
PROFILE
ネスレ日本株式会社代表取締役社長兼CEO
1960年3月30日大阪府生まれ。神戸大学経営学部卒業後、ネスレ日本に 入社。営業本部東京支店に配属。ネスレコンフェクショナリー(当時、 菓子部門の子会社)のプロジェクトディレクター、マーケティング本部 長を経て2005年、社長に。10年1月、ネスレ日本副社長に就任し、飲料事 業の本部長として、ネスカフェなどのブランド力向上に貢献。同年11 月、代表取締役社長兼CEOに就任。趣味はゴルフ、ガーデニング。
選考理由
高岡さんが社長をつとめる「ネスレ日本」では社員がメディアに露出す る際の印象を重要視し、話し方や服装などのメディアトレーニングに力 を入れているといいます。気取らず、巧みな話術、そして品のある装い の高岡さんはまさにその代表です。奇をてらうことなく、シンプルだけ ど品格をもち、かつ若々しく活力をイメージさせる、違いの分かる男、 高岡さんにビジネスマンのファッションリーダーとして、ベストドレッ サー賞を贈ります。

t_02

市川 猿之助(学術・文化部門)
PROFILE
歌舞伎俳優
東京都生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。1980年7月歌舞伎座『義経千 本桜 渡海屋・大物浦』で初御目見得。83年に『御目見得太閤記』で二代 目市川亀治郎を名乗り初舞台を踏む。2012年6月新橋演舞場『義経千本 桜』『ヤマトタケル』で四代目猿之助を襲名。近年は歌舞伎だけでなく、 映画、TVドラマなど、活躍の場を広げている。12年12月15日から東京 ル・テアトル銀座で舞台『助太刀屋助六 外伝』(~24日)に出演。
選考理由
歌舞伎はもとより、現代劇やテレビドラマ、そして映画、加えて音楽番 組の司会やクイズ番組など八面六臂の活躍で人気を博す猿之助さん。 次々に新たな手法や発想で斬新な舞台を創造し、歌舞伎界の革命児とい われた三代目の名を継ぐも、気負いやプレッシャーを感じさせることも なく至って自然体の四代目の境地は「自由無碍」。着物姿でもスーツで も変わらぬ、男の色気にベストドレッサー賞を授与します。

t_03

剛力 彩芽(芸能部門)
PROFILE
女優
1992年8月27日神奈川県生まれ。雑誌『Seventeen』をはじめ、食品、化 粧品、携帯電話など十数本のCMで起用され、人気モデルとして活躍。 2011 年からは女優としても活躍目覚ましく、13年大河ドラマ『八重の 桜』(日向ユキ役)の出演が決まっている。映画では、アニメの実写版 『ガッチャマン』(白鳥のジュン役)や『清須会議』(織田信忠の妻、松姫 役) に13年出演予定。12年の「日本映画批評家大賞」新人賞を受賞した。
選考理由
10歳からモデルを志して、必ずモデルになれると確信していた剛力彩芽 さん。雑誌「Seventeen」の専属モデルに採用されるや、今や10本以上 のCM出演に加え、テレビや映画で女優としても大活躍。そのショート カットの人なつっこい笑顔をテレビで見ない日はないという人気者。決 して人とかぶらない自分らしいファッションを追求する剛力彩芽さん に41年の歴史あるベストドレッサー賞を贈ります。

t_04

藤木 直人(芸能部門)
PROFILE
俳優
1972年7月19日岡山県生まれ、千葉県出身。早稲田大学理工学部在学中 に、映画『花より男子』の花沢類役に抜擢されて95年にデビュー。連続 テレビ小説『あすか』のほか、『ナースのお仕事』『ホタルノヒカリ』など 数多くのヒット作に出演。ミュージシャンとしても活動しており、2012 年に3年ぶりとなるアルバム『-forty-』をリリース。10月からのフジテレ ビ系月9ドラマ『PRICELESS』に出演、13年NHK正月時代劇『御鑓拝借~ 酔いどれ小籐次留書~』に出演予定。
選考理由
早稲田大学理工学部在学中に映画「花より男子」で俳優デビュー。端正 なマスクと柔らかな物腰、時折のぞくミステリアスな表情は、世の女性 たちを魅了してやみません。数々の役柄をこなすかたわら、ライブでは ギターだけではなくピアノやトランペットも演奏するミュージシャンでもある藤木さん。「お洒落とは無縁」と謙遜するも、役者の仕事を通し てファッション感覚も磨き、時代劇出演を機に着物文化にも思い深める 藤木さんにベストドレッサー賞です。

t_05

佐々木 則夫(スポーツ部門)
PROFILE
なでしこジャパン(日本女子代表)監督
1958年5月24日山形県生まれ。小学生の頃からサッカーを始め、帝京高 校時代はインターハイ優勝。明治大学から日本電信電話公社に入社、 NTT関東サッカー部へ。引退後は同チームの監督を経て、2007年にサッ カー日本女子代表(なでしこジャパン)監督に就任。08年北京オリン ピックで4位に。11年FIFA女子ワールドカップで優勝、同年8月には、な でしこジャパンの選手とともに国民栄誉賞を受賞。12年、ロンドンオリ ンピックで銀メダルを獲得。
選考理由
なでしこジャパンを数々の栄光に導き、これからもさらなる活躍を期待 される佐々木監督。チームを勝利に導く極意は強い団結力。選手を信 じ、任せ、選手一人ひとりが考えてプレーをするようにしむけることと 断言します。自分の身だしなみについても家族や選手からのアドバイス を受け、きめ細かな心遣いに助けられているという佐々木監督です。な でしこメンバーもきっと大喜びになるであろうベストドレッサー賞の 授賞です。

t_06

きゃりーぱみゅぱみゅ(インターナショナル部門)
PROFILE
モデル・歌手
1993年1月29日東京都生まれ。2011年夏に中田ヤスタカ(capsule)プロ デュースによるミニアルバム『もしもし原宿』でメジャーデビュー。初 のフルアルバム『ぱみゅぱみゅレボリューション』は、オリコン初登場1 位を獲得し、さらに「iTunes」でも日本総合チャートや世界各国のエレ クトロチャートで1位を獲得。初の武道館ライブを成功させ、13年には ワールドツアーと全国5 都市での「Zeppツアー」の開催が決定。アー ティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた「HARAJUKU」 のアイコンとしての存在が全世界から注目を集めている。
選考理由
独創的なメイクとファッション、そしてユニークな名前で世界中で人気 沸騰のきゃりーぱみゅぱみゅさん。2009年原宿ファッションの雑誌でデ ビューするや、初のフルアルバムでオリコン初登場で1位となり、その後 も世界的ヒットを飛ばすアーティストです。原宿発のファッションや文 化を世界に発信する「原宿カワイイ大使」もつとめるきゃりーさんは、 更に奇抜さをPRしたいと一言。異色のベストドレッサーの誕生です。

t_07

川端 友紀(MFU推薦枠)
PROFILE
女子プロ野球選手
1989年5月12日大阪府生まれ。和歌山市立和歌山商業高等学校でソフト ボール部に所属。卒業後は、製薬会社に入社し、社会人チームを経て、 2009年に日本女子プロ野球機構のトライアウトを受け、10 年に京都ア ストドリームスに入団。兄の慎吾氏はプロ野球のヤクルトの選手。「史上 初の兄妹プロ野球選手」として話題になった。身長170㎝。内野手。右投 左打。11年度の成績は50試合出場、打率.406、27打点、6盗塁。
選考理由
2010年にシーズンが開幕した女子プロ野球。来期からは東京にもチー ムが誕生し、リーグの拡大・発展に注目が集まります。そんな中、昨シー ズン4割の打率を記録するとともに、本年カナダで開かれたワールド カップでも日本人選手最高の4割5分7厘をマークした川端選手。おしゃ れは、何を着るかあれこれ悩むことも楽しみとか。女子プロ野球の発展 と川端選手のさわやかプレーに期待を込めて、あえてユニフォームでの ベストドレッサー賞MFU推薦枠を表します。

t_08

曻地 三郎(特別賞)
PROFILE
106歳児
1906年8月16日北海道生まれ。結婚後3児に恵まれたが、息子ふたりが脳性小児 麻痺に冒され、苦悩の末、日本で初めての知的障害児の学校「しいのみ学園」を 創設。この学園の誕生物語を著した著書「しいのみ学園」、映画「しいのみ学園」 が、ベストセラーに。現在70歳前後の人は、小学生時代にこの映画を見て感涙、 主題歌「しいのみのうた」を今も歌える人が沢山いる。12年の7月から8月にか けての旅行は、「ギネス世界記録TM」の新しいカテゴリー「公共交通機関で世界 一周をした最高齢者」に106歳で公式認定。これからの目標は、現在のパスポー トの期限、2014年までに生涯10回目の世界一周講演旅行を行うこと。
選考理由
106歳の今年、「公共交通機関で世界一周をした最高齢者」としてギネス に認定され、ますますご活躍の曻地三郎さんです。16歳の師範学校時代 から90年間「カッコマン」と言われ続けています。「オシャレをしなく なった日から老いが始まる」とおっしゃいます。この長年の思いがベス トドレッサーの理念に合致することから、ベストドレッサー賞特別賞を 授与します。

第40回ベストドレッサー賞2011

t_01

黒岩 祐治(政治・経済部門)
PROFILE
神奈川県知事
1954年9月大阪府生まれ。早稲田大学政経学部卒業後、フジテレビジョン入社。報道局解説委員、『報道2001』キャスターなどを歴任。在職中、自ら企画・取材・編集までを手がけた救急医療キャンペーンが、救急救命士誕生を後押しし、第16回放送文化基金賞、90年度民間放送連盟賞などを受賞した。2009年フジテレビジョンを退社後、国際医療福祉大学大学院教授に転身するが、11年3月神奈川県知事選立候補のため辞職。同年4月に、現職に就任した。
選考理由
黒岩知事の掲げる「いのち輝くマグネット神奈川。」というキャッチフレーズは、単に医療の問題にとどまるのではなく、政治、経済、教育、環境など生活全般に及ぶいのちの循環をトータルに考えていこうという提案です。そして、マグネット(磁力)とは人を惹きつける魅力をもつということ。ジャーナリストとしての信念とキャスターとしての話術と節度あるファッション感覚を持って、魅力ある神奈川県づくりに邁進する黒岩さんの時代性、流行性、人間性をたたえてベストドレッサー賞を贈ります。

t_02

石田 衣良(学術・文化部門)
PROFILE
作家
1960年3月東京都生まれ。成蹊大学経済学部卒業後、広告制作会社勤務を経てコピーライターに。97年、若者から絶大な支持を集めた『池袋ウエストゲー トパーク』でオール読物推理小説賞を受賞し、作家デビュー。以来、作家としてはもちろん、テレビのコメンテーターとしても活躍。2003年『4TEEN』で直木賞、06年『眠れぬ真珠』で島清恋愛文学賞を受賞。著書に『夜の桃』『再生』『明日のマーチ』『カンタ』など。漫画化、映像化された作品も多数。
選考理由
時代感覚の妙手として知られる石田さん。その手法の一つに、若者のストリートファッションからキャリアウーマンの服装まで巧みに描くことで時代背景を構築していくことにある。決して奇をてらうわけではないが、どこかにこだわりの色柄やアイテムを配すことで、おしゃれを楽しむファッション感覚は相当なもの。2008年のベストファーザー受賞の際にも、例えば子供の参観日にもおしゃれを意識することのほうが、勉強しろというより大事と提案している。こだわりをさりげなく表現する、日常の中のファッションこそ石田さんのおしゃれの真骨頂といえよう。

t_03

吉瀬 美智子(芸能部門)
PROFILE
女優
1975年2月福岡県生まれ。女性誌のモデルとして活躍後、2007年から本格的に女優としてデビュー。映画では『死刑台のエレベーター』『神様のカルテ』などに出演、前者では初主演を務めた。2012年には『ガール』が公開される。TVドラマでは『働きマン』『BOSS』などプロフェッショナルな仕事をする役どころに立て続けに挑戦。『ハガネの女』では荒れる学校の教師を熱演し話題になった。2011年には、映画やテレビで活躍したプロデューサーや俳優などに贈られる「エランドール賞」新人賞を受賞。
選考理由
「今後モデルの仕事は一切しない」との条件で事務所を移籍し、32歳から本格的に芸能活動を開始し、今やドラマにCMにひっぱりだこの吉瀬さん。小学校の教師役をやれば普段の生活でもジャージにスニーカー、革ジャンの似合う女刑事役 をやればプライベートでも革ジャンを着て役づくりをするという徹底ぶり。ファッションに限らず、何ごとにも無理をせず自然体でいることをモットーとし、ショートヘアにナチュラルなメイク、日常的なさりげないしぐさに、ふと漂う色気。それこそファンを魅了してやまない大人のオンナの魅力といえよう。

t_04

東山 紀之(芸能部門)
PROFILE
俳優
1966年9月神奈川県生まれ。85年に少年隊としてレコードデビュー。以 後、ドラマ・映画・舞台など多方面で活躍する。近年の主な主演作とし て、NHK大河ドラマ『琉球の風』、ドラマ『喰いタン』シリーズ、『必殺仕 事人』シリーズ、『GM~踊れドクター』がある。映画『山桜』『小川の 辺』、三島由紀夫原作舞台『ミシマダブル』にも出演した。12月10日か ら映画『源氏物語』が公開。来春にスペシャルドラマ『必殺仕事人 2012』が放送予定。
選考理由
「役者にとって衣装は役を助けてくれる存在であり、衣装をつけたとき の体の動きを通して、その役の人間性とか物の見方を直接吸収すること ができる」と語る東山さん。1985年少年隊でデビューしてから26年目を迎える。テレビ・舞台・映画で時代劇からアクションまで多様な役をこ なす俳優として活躍。ベストドレッサーの選考基準すべてを満たす基本姿勢は、1日腹筋1000回をはじめとする肉体と精神の鍛錬。デビュー以来体重はほとんど変わっていないという。

t_06

古閑 美保(スポーツ部門)
PROFILE
プロゴルファー
1982年7月熊本県生まれ。小学校5年生でゴルフを始め、中学2年生で ジャパンカップ世界ジュニアに優勝。2000年に現・日本女子プロゴル フ協会副会長の清元登子門下に入り、01年にプロテストに合格。03年 「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」で初優勝。以来、人気・実力 を兼ね備えた女子ゴルフ界のスター選手として活躍。08年にはツアー4 勝を挙げ、最終戦の「リコーカップ」では劇的な逆転優勝で国内賞金女 王に輝いた。11年9月、左手首故障により現役引退を表明。
選考理由
今季限りでのプロゴルファー引退表明が、人生で初めて自分で決断したことと言う 一方では、アマチュア10年プロ10年、30歳でプロゴルファー引退を決めていたという信念の強さもみられる古閑さん。華麗なスィングと、女性を意識したおしゃれで女子ツアーのファッションリーダーをつとめてきた彼女にとってのウェアは、プ レーの気分を高めてくれる大きな要素だとのこと。普段はダメージ・ジーンズにT シャツを好み、普通の女性の生活をしてみたいと言う古閑さんだが、ゴルフ・ファッ ションへの貢献と次なる活動に期待を込めてベストドレッサー賞を授与したい。

t_07

KARA(インターナショナル部門)
PROFILE
歌手
2007年に3月ギュリ、スンヨン、ソンヒ、ニコルのオリジナルメンバーの4人で、1stアルバムを発表しデビュー。08年2月に、ソンヒが脱退。その後、ハラ とジヨンが加入し5人での活動を開始。09年の『Honey』で韓国ヒットチャー トで初の1位を獲得。韓国でトップアイドルの仲間入りを果たす。10年8月に 『ミスター』で日本でもデビューし大ヒット。その後も『ジェットコースター ラブ』などヒット曲を相次いでリリース。11年1月からは、メンバー主演の連 続ドラマ『URAKARA』が放送されるなど、K-POPブームを牽引するグループ。
選考理由
K-POPの代表格であるKARAのセクシーでファッショナブルな衣装と一糸乱れ ぬ切れのいいダンスには、ファンならずとも見入ってしまいます。その中のファッションリーダーと自他ともに認めるハラさんは、ナチュラルでビン テージなスタイルを好み、日本のファッションがお気に入りとか。また、米国育ちのニコルさんは、おしゃれを楽しむために、ダイエットや十分な睡眠など体調管理を心がけているという。日本のK-POPブームの立役者として、躍動する女性のファッションの象徴として、ベストドレッサーの称号を贈ります。

t_08

超新星(インターナショナル部門)
PROFILE
ダンスヴォーカルグループ
2007年9月に韓国でデビュー。メンバーはユナク、ソンジェ、グァンス、 ソンモ、ジヒョク、ゴニルの6人。08年には日本での初のイベントを開催 しオフィシャルファンクラブが発足。09年9月にシングル『キミだけを ずっと』で日本メジャーデビュー。11年10月に発売したアルバム『4U』 は、オリコンウィークリーチャートで初登場3位にランクインした。9月15日には、リーダーのユナクの入隊が発表され、入隊前のファンミーティングには2万人が集まった。
選考理由
メンバー6人全員が180センチメートルを超すモデルなみのスタイルと甘い マスク、実力派のダンスと歌唱力でファンを魅了。スタッフと一緒になっ て、ファッショントレンドを考慮しつつ独自性を研究しているという。プラ イベートでは、モノトーンでシンプル、そして、フィット感のあるファッションを好み、アクセサリーでメリハリをつけると口をそろえて言う。ま た、日本語も全員で猛勉強中とか。日本の若者にも見習って欲しい、何ごとにもトップを目指す努力と向上心こそベストドレッサーの必須条件です。

t_09

テリー伊藤(特別賞・石津謙介賞)
PROFILE
演出家
1949年12月東京都生まれ。演出家。『天才たけしの元気が出るテレビ』 『ねるとん紅鯨団』『浅草橋ヤング用品店』などのヒット番組や、『サッポ ロ生搾り』『ユニクロ』など話題のCM、GReeeeN『愛唄』のPVを演出。現 在は演出業のほか、テレビやラジオ出演、新聞、雑誌、携帯サイトの連 載などマルチに活躍中。著書『お笑い北朝鮮』『なぜ日本人は落合博満が嫌いか?』『「いい人」をやめると、ハッピーになる』など多数。
選考理由
朝のニュース番組の顔の一人として、毎朝テリーさんのファッションを 見るのを楽しみにしている人も多いはずです。その独自のファッション哲学の先生は石津謙介。かつて流行語となった、VANの服を着て銀座のみゆき通りを歩く「みゆき族」を自称するテリーさんは、IVYファッショ ン出身者の中でも群を抜く優等生。おしゃれのバロメーターは着用体験に比例するという鉄則を忠実に守り、人生観や物の捉え方などライフス タイル全般を石津先生に学んで、今やおしゃれ博士クラス。石津謙介生誕100年記念特別賞をもって免許皆伝とします。

第39回ベストドレッサー賞2010

t_01

前田 新造(政治・経済部門)
PROFILE
(株)資生堂代表取締役社長
1947年大阪府生まれ。70年慶応義塾大学文学部卒業後、資生堂入社。国際事業本部アジアパシ フィック地域本部長、取締役経営企画部長などを経て2005年6月代表取締役社長に就任。ブランド の絞り込みと強化などマーケティング改革に力を注ぎ、「TSUBAKI(ツバキ)」「uno(ウーノ)」など をトップブランドに導く。現在は「日本をオリジンとし、アジアを代表するグローバルプレイヤー」 を目指す同社の先頭に立つ。
選考理由
「資生堂」の社長として数々の変革を推進されている前田さん。美容だけではなく「文化を大切 にする社風」も伝承されています。資生堂のコーポレートメッセージ「一瞬も 一生も 美しく」に は、化粧を通して、一瞬一瞬はもちろん、一生を通じて美しく健やかに心豊かであってほしいとの 思いが込められています。日本が誇る化粧品会社を牽引する前田さん。年齢や国籍を問わずこれか らも「美」を提供し続けます。

t_02

溝畑 宏(学術・文化部門)
PROFILE
観光庁長官
1960年京都府生まれ。東京大学卒業後、85年に旧自治省に入省し、北海道庁、大分県庁に出向。 サッカーのクラブチーム「大分トリニータ」の創設に携わり、2000年に大分フットボールクラブ取 締役・ゼネラルマネージャーに。02年日韓共催のワールドカップの大分開催にも尽力した。04年8 月に大分フットボールクラブの代表取締役社長に就任。08年にはナビスコ杯に優勝、悲願の日本一 を果たした。10年1月、観光庁長官に就任。
選考理由
自治省(現総務省)から大分トリニータ社長、そして観光庁長官へ転身。 両親の教えである「失敗を恐れずチャレンジする」をモットーに、大分でのプロサッカーチーム創 設、サッカーワールドカップの誘致など、常に目標を定めて取り組んできたそうです。「心技体」の 充実が真の格好良さにつながるという持論をもつ溝畑さん。今後はベストドレッサーとして日本の 魅力を海外にアピールする姿に注目です。

t_03

沢村 一樹(芸能部門)
PROFILE
俳優
1967年鹿児島県生まれ。高校卒業後、雑誌「メンズクラブ」などでファッションモデルとして活躍 したのち、96年に俳優デビュー。「救命病棟24時」「浅見光彦シリーズ」NHK大河ドラマ「篤姫」など 数多くの単発・連続ドラマに出演。一方「サラリーマンNEO」では‘‘セクスィー部長’’ なるキャラク ターで新境地を開き、シリアスな役からコメディ、バラエティまで幅広くこなす。
選考理由
長身で爽やかな笑顔の二枚目、また飾らない本音トークが大人気の沢村さん。クールで知的な役柄 が多く、素の自分とのギャップを感じていたそうです。今ではセクスィー部長のような強烈なキャ ラクターもごく自然に受け入れられています。年齢を重ねるごとに仕事もファッションもますます 貪欲に挑戦されています。今後ますます深みを増し、ご自身の素の魅力はもちろん、役者としてど のような一面をのぞかせるのか、とても楽しみです。

t_04

武井 咲(芸能部門)
PROFILE
女優
1993年愛知県生まれ。2006年8月「第11回全日本国民的美少女コンテスト」モデル部門賞、マルチ メディア賞受賞。同11月から「セブンティーン」のモデルに。08年映画「櫻の園」で女優デビュー。 09年にドラマ「ライアーゲーム2」、10年に「GOLD」にレギュラー出演を果たすなど、話題作への出 演が相次いでいる。現在は、10代初の大抜擢として話題となった資生堂ヘアケアブランド 「TSUBAKI」のCMに出演中。
選考理由
今最も期待されているモデルであり女優である武井さん。憧れから憧れる側へと歩み始めたばかり で、夢と希望を胸にフレッシュで眩いばかりの存在感を漂わせています。憧れの大人の女性像は 「自己主張ができる人」、自分の色をもった女優を目指しているそうです。 今後の活躍が大いに期待される新進の女優です。

t_05

杉本 彩(芸能部門)
PROFILE
女優・作家・ダンサー
1968年京都府生まれ。87年東レ水着キャンペーンガールとしてデビュー。歌手活動では「学園祭の 女王」と呼ばれる。以降、テレビ・映画・雑誌・CMなどで活躍中。一方、ダンサーとして、アルゼン チンタンゴのショー公演も行う。表舞台の表現者とは別に、芸能プロダクション「オフィス彩」、事 業会社「リベラルライフ・クリエーション」、化粧品ブランド「リベラータ」の代表として、実業家 の顔も持つ。2010年9月に発表した自叙伝『リベラルライフ』が話題となる。
選考理由
女優、タンゴダンサー、作家、多彩な面をいくつも持つ杉本さん。セクシーで媚びない、自分に正直 な生き方が多くの女性に支持されています。様々な葛藤を経て、自分自身を知ることにより、 ファッションもライフスタイルも本当に似合うものがわかってきたそうです。「ファッションのコー ディネートには生き方が表れる」「もっと自分自身を磨きたい」と話す杉本さんの今後のファッショ ンから目が離せません。

t_06

中澤 佑二(スポーツ部門)
PROFILE
プロサッカー選手 横浜F・マリノス所属
1978年埼玉県生まれ。埼玉県立三郷工業技術高等学校卒業後、ブラジルへサッカー留学。FCアメリ カ(ブラジル)を経て、99年現・東京ヴェルディに入団。同年に新人王に輝く。2002年に横浜・Fマ リノスに移籍。03年と04年にはリーグ2連覇、04年にJリーグMVPを受賞した。日本代表としては、 ジーコ、オシム、岡田ジャパンにて中心選手として活躍。今年8月にはその半生を記した「中澤佑二 不屈」(文芸春秋)が発売された。
選考理由
サッカー日本代表としての活躍、外国選手にもひけをとらない長身とかつてボンバーヘッドと異名 をとったヘアスタイルでも知られる中澤さん。ワールドカップでは選手達の精神的な支柱、若い選 手達の刺激となるようにとチームに貢献されてきた姿は記憶に新しいところです。これからも、今 までの経験、熟練した技術や精神を活かし、若手に負けない活躍が期待されています。

第38回ベストドレッサー賞2009

hayashi

林 文子(政治・経済部門)
PROFILE
横浜市長
1946年東京都生まれ。都立青山高校卒業後、東レ、松下電器などを経てホンダの販売店へ。その後87年にBMW 東京入社。新宿支店長に抜擢され、98年に中央支店長に。その後フォルクスワーゲングルー プにスカウトされて99年ファーレン東京代表取締役社長に就任。2003年、BMW 東京代表取締役社 長を経て、05年ダイエー代表取締役会長兼CEO に。08年東京日産販売代表取締役。09年8月、横浜 市長に。
選考理由
BMW 東京、ダイエー、東京日産販売という名だたる企業のトップを経て、現在は横浜市初の女性市長 となった林さん。トップマネジメントになってからは明るい色の洋服を着て、存在感をアピールする とともに、「お会いできて嬉しい」という気持ちも表現するそうです。営業職時代、トップセールスへ 押し上げたのは「おもてなしの心」。お客様だけではなく、従業員に対してもその気持ちを大切に、関 心を持って接してきたそうです。「人と人との信頼関係が世の中を良い方向へ導くと信じている」と 語ります。市政での今後の活躍が楽しみです。

takita

滝田 洋二郎(学術・文化部門)
PROFILE
映画監督
1955年富山県生まれ。76年、獅子プロに助監督として入社。成人映画の話題作を多く手掛けた後、86年、『コミック雑誌なんかいらない!』で一般映画に進出、海外映画祭で高い評価を得る。以後、『木村 家の人びと』、『病院へ行こう』、『僕らはみんな生きている』、『お受験』、『陰陽師』、『壬生義士伝』など幅 広いジャンルの作品を発表。『おくりびと』では、アカデミー賞外国語映画賞をはじめ多数の映画賞を 受賞。
選考理由
アカデミー賞外国語映画賞をはじめ数々の映画賞を受賞した「おくりびと」。監督である滝田さんは、 この映画をきっかけに人前に出る機会が増え、洋服とのかかわり方が変化したそうです。自分では選 ばないような形や色の洋服にもチャレンジするようになり、「自分」という枠から抜け出し、新しい自 分、新しい興味に出合うことの大切さを感じていらっしゃいます。「映画を見てくれた人たちの心の 琴線に触れて、希望につながるものを残したい」滝田監督の熱い想いが込められた次回作への期待が ますます高まります。

tuchiya

土屋 アンナ(芸能部門)
PROFILE
モデル・アーティスト
1984年東京都生まれ。98年にモデルデビュー。圧倒的な存在感を放ち、ファッション誌やショーなど でトップモデルとして活躍。また、その人気と抜群のタレント性からテレビCM でも引っぱりだこに。 2005年、ミニアルバム『Taste My Beat』でミュージシャンとしての活動を本格的にスタート、数々の シングル&アルバムを発表する。また、2005年に公開された映画『下妻物語』の熱演が高い評価を集 め、数々の映画賞を受賞。
選考理由
カリスマ的人気を博すトップモデル、ミュージシャンや役者としても活動の場を広げる土屋さん。 また最近では短編映画「フィッシュ・ボーン」で監督デビューも果たされました。長男そしてお腹に いる子どものママとして、「メゲずにもっとタフで強く生きなきゃ」と語る優しい笑顔が印象的です。 「仕事、遊び、自分で選んだ道に対しては常に一生懸命。ガムシャラに動いて働いてこの世に何かを残 したい」と周りに媚びず、自分の思い通りに表現している土屋さんの魅力的な生き方は、女性だけで なく多くの人々に支持されています。

takahashi

高橋 克典(芸能・スポーツ部門)
PROFILE
俳優
1964年神奈川県生まれ。93年、歌手&役者デビューし、ドラマ、映画、CM 等幅広く活躍。主な出演作 に、シリーズ化された『サラリーマン金太郎』&『特命係長 只野仁』、スペシャルドラマ『点と線』、『官僚 たちの夏』、『隠蔽指令』など。『LOVE TALKIN’』(BAY-FM)でパーソナリティを務める。ダメ誘拐犯を演 じる主演映画『誘拐ラプソディー』が2010年4月に公開される。また、2010年4月放送の古代史ドラ マスペシャル『大仏開眼』(NHK)で藤原仲麻呂を演じる。
選考理由
「サラリーマン金太郎」、「特命係長 只野仁」シリーズの個性的なキャラクター、また「官僚たちの夏」 の通産官僚というリアルな役柄が記憶に新しい高橋さん。30代から40代へと年齢を重ね、ファッショ ンだけではなく演じる役柄、演技との向き合い方、物の見方や価値観も変化してきたそうです。プライ ベートはカジュアルスタイル。特にジーンズは「オヤジが履いてカッコよく見えるもの」を目指し、生 地の染色から企画しオリジナルジーンズを作ってしまうほどのこだわりをお持ちです。年を重ね、多 様な経験を積み、個人として俳優として、ますます磨きがかかった高橋さんの活躍が注目されます。

nishimoto

西本 智実(インターナショナル部門)
PROFILE
指揮者
1970年大阪市生まれ。チャイコフスキー財団ロシア交響楽団の芸術監督兼任首席指揮者やサンクト ペテルブルク国立歌劇場のポストを歴任。英国ロイヤルフィル始め世界の名門オーケストラやオペラ 劇場で指揮。07 年よりダボス会議を主催する世界経済フォーラムの「ヤンググローバルリーダー」を 務めている。
選考理由
プロとして交響曲やオペラを指揮する数少ない女性指揮者、その中のお1人が西本さんです。コン サートは年間50に上り、世界各国で活躍中です。指揮中に着装する燕尾服・靴は、西本さんご自身が 素材からデザインまで選び抜いた日本製のオーダーメイド。「音楽は一生が自分との闘い。自分の理 想を常に意識し続けることが大切」と語ります。いつかは日本の美術や工芸、衣装や舞台美術の素晴 らしさを伝える、ヨーロッパにはない日本独自のオペラ劇場を作りたいとの夢をお持ちです。

第37回ベストドレッサー賞2008

yoshikoshi

吉越 浩一郎(政治・経済部門)
PROFILE
吉越事務所代表
1947年千葉県生まれ。ドイツ・ハイデルベルク大学留学後、上智大学外国語学部卒業。メリタジャパンなどを経て83年にトリンプ・インターナショナル(香港)に入社。92年に日本法人の代表取締役社長に就任。2004年、日本経済新聞社「平成の名経営者100人」の一人として選ばれる。06年に退任後、吉越事務所を設立、執筆や講演活動を行う。
選考理由
トリンプインターナショナル・ジャパン社長を退任後に著した「『残業ゼロ』の仕事力」「『残業ゼロ』の人生力」は働く人々の支持を得て10数万部の大ヒットとなりました。オンタイムは仕事に集中、帰宅後は家で家族とゆったり過ごし、リタイア後は豊かで成熟した夫婦の時間を持つというライフスタイルを提唱されています。1年の半分はフランスで過ごし、カンヌに出かける時はおしゃれをしようと自然に背筋が伸びるそうです。吉越さんの雰囲気同様、「おしゃれも自然体」です。

inoue

井上 雄彦(学術・文化部門)
PROFILE
漫画家
1967年鹿児島県生まれ。90~96年『SLAM DUNK』を連載、95年に小学館漫画賞受賞。2004年には同作品コミックス累計1億部突破。98年~『バガボンド』を、99年~『リアル』を連載開始。1億部突破の記念事業として、プロを目指す高校生をアメリカにバスケ留学させる『SLAM DUNK奨学金』を始めた。また2008年7月には上野の森美術館で『井上雄彦最後のマンガ展』を開催。大きな反響を呼んだ。
選考理由
おしゃれな国、日本「COOL JAPAN」と呼ばれるほど、日本のマンガ・アニメはフランスをはじめ、世界中でブームを巻き起こしています。国内発行部数1億部を突破した「SLAM DUNK」や「リアル」、「バガボンド」など人気作品の作者である井上さん。デビュー以来20年間、価値観を少しずつ広げながらも「自分らしくないことはしない」ということを守り続けています。ファッションも同様、飾りすぎは自分らしくないと「クール&スマート」です。

ichihara

市原 隼人(芸能部門)
PROFILE
俳優
1987年神奈川県生まれ。2001年『リリイ・シュシュのすべて』の主役でスクリーンデビュー。04年『WATER BOYS2』で連続ドラマ初主演、映画『偶然にも最悪な少年』で日本アカデミー賞新人賞受賞。08年映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』、『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』、『神様のパズル』、ドラマ『ワイルドライフ~国境なき獣医師団R.E.D.~』、12/5日テレ系金曜ロードショー『252~生存者あり~エピソードゼロ』主演、『ROOKIES‐ルーキーズ‐』などに出演。映画『ROOKIES』は来春公開予定。
選考理由
今年話題のドラマ「ROOKIES」の役柄と同じく、熱い男っぽさと少年のようなあどけなさ、繊細さをのぞかせる笑顔が魅力の市原さん。「ファッションは自己表現として大切」との考えから、ファッションにも大変興味があり、将来は自分のブランドを持ってみたいそうです。自分の感性を大切に、素直に芝居を楽しむ姿、ぶつかりあいながら演じる気合の入った「本気」モードの市原さんから、今後も目が離せません。

ueto

上戸 彩(芸能部門)
PROFILE
女優
1985年東京都生まれ。97年「全日本国民的美少女コンテスト」審査員特別賞受賞。2001年ドラマ『3年B組金八先生』で性同一性障害の生徒役を好演して一躍有名に。03年『あずみ』(監督・北村龍平)で映画初主演。06年ドラマ『アテンションプリーズ』、07年ドラマ『ホテリアー』、08年ドラマ『ホカベン』などで主演。今年10月からドラマ『セレブと貧乏太郎』(CX・火曜21:00~)に出演中。
選考理由
12歳からトップアイドルとして走り続け、ドラマやCMで顔を見ない日はないほどの活躍を続ける上戸さん。最近はプライベートな時間ももてるようになり、買った洋服を着て出かける機会が増えたそうです。ドラマの役柄では華麗なセレブファッションや制服をも難なく着こなす中、プライベートでは「シンプルなワンピースを私流に表現する」のが好きだそうです。20代になり、人間的にもひとまわり成長し、ますます魅力的な女優としての姿がとても楽しみです。

tabuse

田臥 勇太(スポーツ部門)
PROFILE
プロバスケットボールプレーヤー
1980年神奈川県生まれ。8歳からバスケを始める。中学時代には全国大会などで頭角を現し始め、バスケの名門能代工高時代には史上初の9冠に。ブリガムヤング大学ハワイ校へ留学、トヨタを経て2004年NBAのフェニックス・サンズへ。その後NBAのロサンゼルス・クリッパーズ他を経て2008年8月からリンク栃木ブレックスへ。
選考理由
日本人として初めてのNBA選手としてアメリカのプロバスケットボールを経験した田臥さん。大胆なプレイとは違い、派手な格好は苦手だとシャイな素顔を覗かせます。ファッションは「モノトーンシック」がテーマです。現在はリンク栃木ブレックスという若いチームの中で、海外での経験を生かしリーダーシップを発揮されています。国内に留まらず世界で頑張る姿を見せることで、子供達をバスケに夢中にさせたいと願う、日本バスケ界を牽引する孤高のプレーヤーです。

mizutani

水谷 豊(特別賞)
PROFILE
俳優・歌手
1952年北海道生まれ。68年ドラマ『バンパイヤ』で初主演。74年ドラマ『傷だらけの天使』で萩原健一と共演し脚光を浴びる。76年映画『青春の殺人者』でキネマ旬報ベスト・テン主演男優賞を当時最年少で受賞。「土曜ワイド劇場」(ANB)のドラマとして2000年に始まった『相棒』は、02年から連続ドラマとなり、08年10月からシーズン7を放映中。今年5月には劇場版も大ヒットを記録した。夫人は女優の伊藤蘭さん。
選考理由
「傷だらけの天使」、「熱中時代」など多数の人気ドラマに出演、また25年ぶりの主演映画「相棒-劇場版-」の大ヒット、22年ぶりのアルバム「TIME CAPSULE」がオリコンチャート初登場2位と爆発的ヒットを連発している水谷さん。自分の可能性を模索した30代を経て、ベテランと呼ばれるようになった今も、ますますナチュラルにポジティブに俳優として進化中です。普段のファッションは夫人の伊藤蘭さんからのプレゼントやTシャツやジーンズ、革ジャンなどラフなスタイル。今後は「フォーマルスタイルに挑戦してみたい」と話します。

第36回ベストドレッサー賞2007

sakurai

桜井 正光(政治・経済部門)
PROFILE
(株)リコー代表取締役会長執行役員、(社)経済同友会代表幹事
1942年東京生まれ。早稲田大学第一理工学部を経てリコーに入社。技術本部技術管理室長などを経て、84年に英国RICOH UK PRODUCTS取締役社長に就任する。その後RICOH EUROPE B.V取締役社長などを歴任。96年(株)リコー代表取締役社長、07年4月に代表取締役会長執行役員になり、(社)経済同友会代表幹事も務める。同年9月にはフランス共和国よりレジオン・ドヌール勲章を授与された。
選考理由
ヨーロッパに赴任する際、先輩から受けたアドバイスは、持ち物でその人の格を判断される事があるということ。その時、洋服でも持ち物でも、それなりの物を持つと、それに相応しい中身を作っていくよう努力すると実感されたそうです。また、ビジネスにおいても組織やシステムを作れば、それにあった中身に変えていこう、質を上げようという気持ちにもなる。だから、形は案外重要なことだとおっしゃいます。その人の格に見合ったものを持つことの大事さを心得たベストドレッサーです。

kawase

河瀬 直美(学術・文化部門)
PROFILE
映画作家
1969年奈良県生まれ。大阪写真専門学校(現・ビジュアルアーツ専門学校)映画学科卒業。自主制作映画「につつまれて」(92年)が、山形国際ドキュメンタリー映画祭をはじめ国内外で注目を集める。劇場映画デビュー作「萌の朱雀」(96年)は、97年カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少受賞。2007年「殯の森」がカンヌ国際映画祭コンペティション部門においてグランプリを受賞。「殯の森」は全国公開中。
選考理由
河瀬監督の生まれ育った奈良を舞台にした映画「殯の森」は今年開催された第60回カンヌ映画祭でグランプリを受賞。映画監督として世界的な知名度があり、注目を集めるエネルギッシュな部分だけではなく、故郷の奈良で、家族と過ごす何気ない穏やかな毎日、身近にある風景、足元にあるリアリティこそが大切だと語ります。洋服も流行を追わず、リサイクル専門店で見つけた古い着物をリフォームした洋服を着るなど、自分のスタイルを大切にしたファッションに魅力を感じるそうです。

furusawa

古澤 巌(学術・文化部門)
PROFILE
ヴァイオリニスト
1959年東京都生まれ。桐明学園、カーティス音楽院卒、日本音楽コンクール第1位など数々の名誉ある賞を受賞。ナタン・ミルシテイン、シャンドール・ヴェーグ、チェリビダッケなどに学ぶ。今年4月には葉加瀬太郎のレーベル「HATS」より新作アルバム「Dandyism」をリリース。
選考理由
ジャンルを越えた演奏で楽しませてくれる個性はのヴァイオリニスト古澤巌さん。ステージでは照明や演出など細部にいたるまで自分をプロデュースされ、演奏する曲に合わせて洋服を考え、帽子から靴まで神経を張り巡らし、最良のスタイルを追求していらっしゃします。幼いころからおしゃれが好きで、音楽大学時代は、奇抜な格好でキャンバスを闊歩されていたそうですが、現在はシックな装いへと変貌されていらっしゃいます。

yakusyo

役所 広司(芸能・スポーツ部門)
PROFILE
俳優
1956年1月1日長崎県生まれ。96年、『Shall We ダンス?』などの3作品で14の国内の映画賞で主演男優賞を独占。国際映画祭への参加も多く、数々の賞も受賞している。2006年にはハリウッド映画『BABEL』に出演するなど、日本人を代表する国際的俳優として活躍している。10月に公開された『象の背中』に続き、08年には日・加・伊合作映画『シルク』、日本映画『パコと魔法の絵本』が公開待機中である。
選考理由
演技力の高さが国内外で認められている役所広司さん。日常の中で経験したさまざまな事柄を演技に生かし、演じる役を掴むため絶え間ない努力をされていらっしゃる。気取らず、飾らず、年齢相応の味わい深さをもたれています。また、素顔の役所さんは、スクリーンに映し出される以上に魅力的な男性です。「着るものはほとんどカミさんとスタイリスト任せ」というが、ファッションにも趣味の手仕事に通じるこだわりをみせています。洋裁ができたら気に入っているスーツをリフォームし、自分にあった新しいスーツに直したいとおっしゃるこだわり派のベストドレッサーです。

kuriyama

栗山 千明(芸能・スポーツ部門)
PROFILE
女優
1984年茨城県生まれ。5歳頃よりファッションモデルとして活動を始める。99年、映画『死国』で女優デビュー。2003年にはクエンティン・タランティーノ監督作品『キル・ビル Vol.1』に出演。独特の存在感ある演技で、世界中から注目を集める。その後、『下弦の月~ラスト・クォーター』(04年)で映画初主演を果たすなど、目ざましい活躍を続けている。08年2月には、荻島達也監督作品『KIDS』が公開予定。
選考理由
女優として様々な役柄を演じ分けることを心から楽しみながらも、自分らしさは失わない栗山さん。どう演じようか迷う役でも、衣装合わせでキャラクターをイメージし、衣装を、自分が演じる役柄の材料にすることもあるそうです。ファッションに対する好奇心は旺盛で、あえて役柄とは正反対のファッションを身につけ撮影現場へと向かい、仕事とプライベートの間のギャップを楽しんでいらっしゃいます。将来、世界に飛び出しても、彼女ならではの「ジャパニーズ・ビューティー」を保ち続けていることでしょう。

okuyama

奥山 清行(インターナショナル部門)
PROFILE
カーデザイナー
1959年山形県生まれ。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業後、85年にアメリカ合衆国のアートセンター・カレッジ・オブ・デザインに進む。卒業後、GM、ポルシェでチーフデザイナーを歴任し、全フェラーリのデザインで有名なイタリアの自動車デザインスタジオ「ピニンファリーナ」で外国人初のデザインディレクターに就任する。2006年に独立し、「KEN OKUYAMA DESIGN」を開設。トリノ、ロサンゼルス、山形を拠点にデザイン開発と自社商品をプロデュースする。
選考理由
GM、ポルシェ、ピニンファリーナ社で活躍されるなど世界が認めるトップカーデザイナー奥山清之さん。現在は独立し、世界を飛び回る毎日。「モダン」「シンプル」「タイムレス」、何年経っても愛されるデザイン、和の要素を取り入れ、メイドインジャパンの製品を世界に輸出することが今後の課題だとおっしゃいます。仕事着となるスーツは流行を意識せず、実用重視で、10年後に着てもおかしくないデザインを選ぶそうです。「長く通用するデザイン」その考え方は自らが掲げるデザインコンセプトでもあります。

ichikawa

市川 海老蔵(特別賞)
PROFILE
歌舞伎役者
1977年東京都生まれ。十代目市川海老蔵(現市川團十郎)の長男として生まれる。83年5月、歌舞伎座にて『源氏物語』の“春宮”で初お目見得。2004年5月 歌舞伎座公演にて、十一代目市川海老蔵を襲名。03年のNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』、07年の舞台『ドラクル』など、現代劇にも挑戦している。2008年1月からは、初座長公演『鳴神不動北山桜』を新橋演舞場にて行う。
選考理由
400年を越える歴史を持ち、日本の伝統芸能である歌舞伎の将来を担う若手で、最も注目される11代目市川海老蔵さん。目覚しい活躍を見せた2007年、パリオペラ座ガルニエでの歌舞伎公演は記憶に新しい。歌舞伎の世界で伝統を守りながら、現代に生きる役者として、何を付加して今に伝え、そして未来に残していくのかが、歌舞伎役者として宿命づけられた永遠のテーマです。伝統と革新の間で、時代の先端を駆け抜けていく姿から、彼のオリジナルな御洒落の感性が生まれ、今後も目が離せません。

第35回ベストドレッサー賞2006

shinnami

新浪 剛史(政治・経済部門)
PROFILE
(株)ローソン代表取締役社長・CEO
1959年1月横浜生まれ。 ’81年慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。 ’89年ハーバード大学経営大学院(ビジネススクール)に留学、MBA取得。93年三菱商事とフランスの大手給食会社によるジョイントベンチャー、ソデックスコーポレーション(現レオックジャパン)を立ち上げ、95年同社代表取締役に就任、成功に導く。外食ベンチャー「クリエイト・レストランツ」の育成、日本ケンタッキー・フライド・チキンの再建などを手掛け、00年には三菱商事ローソンプロジェクト総括室長兼外食事業室長に。02年5月ローソン代表取締役社長CEOに就任。
選考理由
コンビニ界に旋風を巻き起こす、若きCEO新浪氏。斬新なアイデアで次々と改革を実践成功し、経済界の若きリーダーとして各方面で話題を呼んでいらっしゃます。「トップに立つ者は、いつも誰かに見られている。だから着ている服の値段が高かろうが安かろうが清潔感があふれてなくてはいけない。靴もピカピカに磨く」が信条。学生時代膝を痛めてバスケット部をやめた新浪さんが、体育会本部に移られたのは、詰襟のユニフォームへの憧れからだそうです。

lily

リリー フランキー(学術・文化部門)
PROFILE
作家・イラストレーター・エッセイスト
1963年福岡県北九州市生まれ。武蔵野美術大学出身。自らも編集に加わる文芸『en-taxi』での4年間の連載をまとめた初の長編小説『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン』(05年、扶桑社)が、06年「本屋大賞」を受賞。TVドラマ化され、映画化も決定。『おでんくん』(小学館)『美女と野球』(河出書房新社)、『ボロボロになった人へ』(幻冬舎)など著者多数。06年10月には、安めぐみとのユニット「リリメグ」でCD「おやすみ」をリリースし、ミュージシャンデビューを果たすなどの活動の幅は多岐にわたる。
選考理由
「男のファッションはダンディズム」と言いきるリリーさん。それは、ジムに通ってスリムな体を維持するのではなく、酒を飲みすぎて痩せたほうがいいというダンディズムだそうです。反骨精神とアウトローが好き。男っぽさを意識するリリーさんの根っこには少年時代の父親をはじめとする筑豊の男たちの姿が焼きついているからかもしれません。40代になってから精度の高いものを作る事を自分に課し、10年後にも何かを表現したいとおっしゃっています。

kuroki

黒木 瞳(芸術部門)
PROFILE
女優
福岡県生まれ。1981年宝塚歌劇団に入団。85年退団し、映画「化身」で女優デビュー。同作品で日本アカデミー賞新人賞を受賞。97年には「失楽園」で最優秀主演女優賞を受賞。TVドラマや舞台でも活躍するほか、詩やエッセイも発表。最新の出演映画「怪談」が来年夏公開予定。
選考理由
黒木さんは衣装に、なるべく自分の趣味、嗜好が出ないようにされているそうです。自分自身を出さずに様々な役を演じ分けたいからと伺いました。ただ衣装に要望することは現代の役であれば、服にその時代の「匂い」のようなものを取り入れたいということ。私服の好みにお変化はあまりないそうですが自分なりの基準に沿って服を選んでいらっしゃいます。しかし、オーソドックスな服が好きなので同じようにならないよう注意をされていらっしゃいます。

watanabe

渡辺 謙(芸能部門)
PROFILE
俳優
1959年新潟県生まれ。82年「未知なる反乱」でTVデビュー。87年のNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」で伊達政宗を演じ、話題を集める。03年公開の映画「ラストサムライ」にてハリウッド進出。その確かな演技力が高い評価を受け、同年度のアカデミー助演男優賞にノミネートされるなど、一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たした。12月9日からはクリント・イーストウッド監督作品「硫黄島からの手紙」が公開予定となっている。日本作品にも精力的に出演していて、現在、DVDが発売中の「明日の記憶」では初のエグゼクティブ・プロデューサーも兼任した。
選考理由
日米で活躍するハリウッドスター渡辺謙さん。今、自分ができる精一杯のことは何かを見極めたうえで、プロデューサー、俳優など活躍する場を選んでいらっしゃるそうです。スーツなど自分自身がきちっとしていないと洋服に着られてしまうという感がありますが、最近はそんなことも無くなり、また、遊び感覚のお洒落も40歳を過ぎてから出来るようになったとおっしゃっています。自分だけでなく相手にも心地よさを与えられるようなファッションを心掛けていらっしゃいます。

arakawa

荒川 静香(スポーツ部門)
PROFILE
プロフィギアスケーター
1981年神奈川県鎌倉市生まれ。5歳からスケートを始め小学3年生で3回転ジャンプをマスターし天才少女と呼ばれる。94年~96年には全日本ジュニアフィギュア選手権で3連覇。シニアへ移行後日本選手権で初優勝、98年長野五輪出場、日本選手権でも2連覇を果たす。04年早稲田大学卒業と同時にドルトムントで行われた世界選手権で優勝、ケガと闘いながら臨んだ06年トリノ五輪で金メダルを獲得。プロに転向後は国内外のアイスショーに出演。
選考理由
トリノのオリンピックからまもなく1年。プロスケーターに転向し、競技とは違い観客を楽しませる滑りに力を注ぐ一方、自分の可能性を探し、CM出演、モデル、キャスター、女優と活動範囲を大幅に広げていらっしゃる荒川さん。競技の大事な戦略となる衣装はご自分でデザインされ、ラフなスタイルが多かった選手時代とは違い、外に出る時は「自信をもって歩けるファッション」を意識しながらスタイルのバリエーションを楽しんでいらっしゃいます。

boby

ボビー・バレンタイン(インターナショナル部門)
PROFILE
千葉ロッテマリーンズ監督
1950年米コネチカット州生まれ。南カリフォルニア大学卒業。68年ロサンゼルス・ドジャースに入団。メジャー数球団で内・外野手として活躍するものの、秋のケガがもとで29歳で現役を引退。85年35歳の若さでテキサス・レンジャーズの監督に就任。95年千葉ロッテマリーンズの監督として、チームを2位に導く。その後ニューヨーク・メッツの監督を経て、04年千葉ロッテの監督に復帰。05年チームを31年ぶりの日本一と初のアジア・チャンピオンに導いた。
選考理由
日本での生活は通算4年になられ、千葉ロッテだけでなく他のチームのファンからも「ボビー」と親しまれ、日本にすっかり溶け込んでいらっしゃるバレンタイン監督。「相手を尊重すれば、必ず自分に返ってくる。野球にも人生にも常に敬意を払うことが大切」とおっしゃいます。服選びは、着心地のよさに加えてスポーツマンらしく「清潔感があるもの」というのが基準。千葉ロッテの選手たちの個性的なユニフォームの着こなしにも理解を示すベストドレッサーです。

第34回ベストドレッサー賞2005

koike

小池 百合子(政治部門)
PROFILE
環境大臣
1952年兵庫県生まれ。 ’71 年関西学院大学に入学。 ’72年カイロ大学で社会学を専攻。 ’79 年日本テレビ「世相講談」のアシスタントキャスター。 ’89年テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」のメインキャスターとなる。 ’92年参議院議員となり、 ’93年衆議院議員に転じ、総務政務次官就任。 ’99年経済企画総括政務次官就任。 ’03年環境大臣就任とともに、 ’04年内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)就任。
選考理由
環境省の小池百合子大臣が、今年の夏提唱された「クールビズ」は、大きな話題と、大きな環境効果を生み出すことになった。そして、この冬の「ウォームビズ」とともに、恐らく男性のファッション意識を少しずつ変えていくことになるだろう。また、シャープでありながら柔らかさのある大臣のファッションは、聡明でソフトな人柄と美しく調和している。

fujita

藤田 晋(経済部門)
PROFILE
(株)サイバーエージェント 代表取締役社長
1973年福井県生まれ。 ’97年に青山学院大学経営学部を卒業後、人材紹介・派遣事業を展開するインテリジェンスに入社。 ’98年に同社を退職し、サイバーエージェントを設立、代表取締役社長に就任。 ’00年3月に東証マザーズに株式を上場。インターネットを核としたブログメディア、メールマガジン、 EC サイトなどを運営するインターネットメディア事業及びインターネット広告代理事業を軸に展開する、インターネット総合サービス企業である。
選考理由
若い頃から「会社をつくること」を明確な目標に掲げ、 IT 業界を牽引する若きリーダーである。時代の先端を驀進し続けているその原動力は、圧倒的な効率・実力主義ではなく、「脱カリスマ型経営」を目指すところにある。だからこそ、藤田さんから発散される雰囲気はハードで威圧的なものでなく、ソフトで自然なものになってご自身のファッションにも現れている。

matsutoya

松任谷 正隆(学術・文化 部門)
PROFILE
音楽プロデューサー
1951年東京都生まれ。慶應義塾大学卒業。 ’73年に細野晴臣、鈴木茂、林立夫とキャラメルママを結成。荒井由実のアレンジを手掛けるようになり ’76年に結婚、彼女は松任谷由実となる。 ’86年音楽学校「マイカ・ミュージック・ラボラトリー」を開校し、校長として指導にあたっている。
選考理由
アメリカが身近にある家に育ち、 10代の頃にアメリカ文化の影響を色濃く受け、やがてフレンチトラッドへ。音楽とファッションは、分かちがたいほど極めて密接に自己形成の原体験となっている。古いものと新しいものを比べ、その違いを面白がり、常に新しいものに敏感なのは新しいものが本当に好きだからこそ。そこから生まれるお洒落のセンスは誰もが認めるところである。

sakaguchi

坂口 憲二(芸能部門)
PROFILE
俳優
1975 年、東京都生まれ。 ’99年8月モデルデビュー、同年10月「ベストフレンド」でテレビドラマレギュラー出演。その後「池袋ウエストゲートパーク」、「プライド」など多数出演。「新・仁義なき戦い-謀殺-」で映画デビュー、「機関車先生」では、主役を務める。また、柔道は初段、 10月に父が開いた「坂口道場」で子供たちに柔道の楽しさを教えている。
選考理由
父の引退試合で上がったリングの興奮が芸能界で生きることになった遠因。モデル専業のつもりが、スケールの大きな才能ゆえ、俳優としても大きな期待を集める。柔道部時代は坊主頭の渋カジ、大学時代をハワイで過ごし、ファッション感覚ががらりと変えられた。渋カジからTシャツ・短パンのビーサンスタイルまで経験した坂口さんの着こなしは、ご自身の笑顔同様、素直で爽やかである。

ito

伊東 美咲(芸能部門)
PROFILE
女優
1977年福島県生まれ。ドラマ初出演は ’00年5月の「らぶ・ちゃっと」( CX )。今年7 ~ 9月の「電車男」で連続ドラマ初主演。現在放映中の「危険なアネキ」でも主役を演じる。映画「海猫」で第 28 回日本アカデミー新人俳優賞受賞。数々の CM でも大活躍。
選考理由
ファッションへの意識は中学生の頃からだという伊東さん。当時から流行には敏感で、トレンドカラーを中心にセルフコーディネートするこだわりを持っていた。転機となった映画出演からは、色々な役柄を楽しんで演じている。その幅広い活躍で、今後も女優として、 1 人の女性として、私達を楽しませてくれる輝きを持った人である。

furuta

古田 敦也(スポーツ部門)
PROFILE
ヤクルトスワローズ プレイングマネージャー
1965年兵庫県生まれ。小 3 の時「加茂ブレーブス」で野球を始める。川西明峰高校、立命館大学、トヨタ自動車を経て、 ’90 年、ドラフト 2 位でヤクルトスワローズ入団。 MVP2 回、首位打者 1 回、ベストナイン 9 回、ゴールデングラブ賞 10 回、日本シリーズ MVP2 回、ソウルオリンピック銀メダル。今年、 2000 本安打と 1000 打点を達成。 ’06 年は監督も兼任。
選考理由
来シーズンはキャッチャーの重責を担いながら監督も兼任。昨年の球界再編劇では選手会長として、経営者側と渡り合った様子は今も強烈な印象を残している。スーツが好きだという古田さんのスーツ姿は洗練された戦闘服姿にも見えた。ファッションの基本は清潔感、またユニフォームにもカッコいいことは大切とこだわりをみせる。球界の新時代を切り拓く男の魅力溢れる姿が大いに期待される。

maria

マリア・シャラポワ(インターナショナル部門)
PROFILE
プロテニスプレイヤー/ファッションモデル
1987年ロシア生まれ。 ’01 年 14 歳でプロデビュー。 ’02年 ITF 群馬大会でプロ初優勝。 ’03 、 ’04年 AIG ジャパン・オープン 2 連覇、 ’04年ウインブルドンを制覇し、この年 17 歳で 4 大大会初優勝を達成。 ’05年東レパン・パシフィック優勝。モデルとしても活躍中。 WTA ランキング 1 位。アメリカ・フロリダ在住。
選考理由
2004年、 17歳の若さでウインブルドンを制したマリア・シャラポワさん。テニスで世界ランキングトップの座を確保するだけではなく、モデルとしても注目を集める。テニスをしている時の心がけと同様に、洋服選びの基準はエレガントさ、上品さ、シャープさ。自分が楽しいと思えることを楽しみ、前向きで自由でいたいと語る類稀な美貌と才能を併せ持つ 18 才である。

第33回ベストドレッサー賞2004

mikitani

三木谷 浩史(政治・経済部門)
PROFILE
楽天 代表取締役会長兼社長
1965年3月11日兵庫県生まれ。 88年に一橋大学を卒業後、日本興業銀行入行。在職中の93年、ハーバード大学MBAを取得。 95年に同行を退職し、株式会社クリムゾングループを設立。 97年には株式会社エム・ディー・エム(現・楽天株式会社)を設立し、インターネット上のショッピングモール「楽天市場」を開設。 2000年にはジャスダック市場に株式上場を果たす。
選考理由
大胆な経営戦略と、慎重かつ繊細な分析、バランス感覚に優れた経営者だからこそ楽天を成長させ、ネットビジネスをリードしてきた。そのファッションも終始一貫とした理念を持ち、自由で個性的なイメージのビジネス界にあって、凛としたスーツ姿でとおすことにも、新しい経営者としてのセンスが伺える。

senju

千住 博(学術・文化部門)
PROFILE
画家・京都造形芸術大学副学長
1958年1月7日東京都生まれ。東京芸術大学日本画科及び同大学院修了。 1995年ヴェネチア・ビエンナーレで東洋人初の優秀賞受賞。 2003年ニューヨークで開催した展覧会「二ューウェイオブティー」がニューヨークタイムスで論評され反響を呼ぶ。 2004年4月、大徳寺聚光院別院に77面の襖絵を完成させる。これまでの作品は4000点にも及び、文化庁、東京芸大美術館を始めニューヨークの国連本部日本政府代表部や各国大使館、美術館などに収蔵されている。
選考理由
現代の日本画家を代表する千住さんは、アトリエでは岩絵の具のついたTシャツにジーンズ姿。しかし、人前で見せる大人の男としての服装は「一つ抜く」ことで巧みなバランスをとり、そのさりげない装いは芸術家としてのセンスが光っている。

sato

佐藤 浩市(芸能部門)
PROFILE
アーティスト
1960年12月10日東京都生まれ。 80年に「続・続事件」(NHK)でデビュー。「青春の門」(深作欣ニ監督)でブルーリボン賞新人賞、「忠臣蔵外伝 四谷怪談」(深作欣ニ監督)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、「KT」(阪本順治監督)でブルーリボン賞最優秀主演男優賞受賞。これまでの映画出演は50本を超える。
選考理由
映画やTVで活躍する自称「映像役者」は、衣装にこめられた監督の演出意図を深く理解し、衣装とともにその役柄へと見事に変身し人々を魅了する。プライベートでは70年代のアメリカンカジュアルに強く影響を受け、崩したルーズな感じがお好きとか。

asami

石川 亜沙美(芸能部門)
PROFILE
女優
静岡県出身。 1990年第4回全日本国民的美少女コンテストモデル部門賞受賞。以後13年間、 CM 、ファッション誌専属、ショーなどモデル業界No .1 のトップモデルとして活躍。2002年11月女優宣言。2003年「東京ラブ・シネマ」、2004年「奥様は魔女」、「愛情イッポン!」などのテレビドラマやCMで活躍中。映画にも意欲を燃やしている。
選考理由
国民的美少女コンテストでの受賞をきっかけに始めたモデル。この仕事の極意は、与えられた服の良さを理解し、好きになることだという。二年前から挑戦している女優にもこの極意がきっと活かされるであろう。

nomura

野村 忠宏(スポーツ部門)
PROFILE
ミキハウス 柔道部 アテネオリンピック金メダリスト
柔道60キロ級。 1974年12月10日生まれ。奈良県出身。柔道一家に育ち、小さい頃から柔道に親しむ。奈良教育大学大学院修了後、株式会社ミキハウス入社。 1996年アトランタオリンピック金メダル、 2000年シドニーオリンピック金メダルに引き続き2004年アテネオリンピック金メダル。世界で初めて柔道でオリンピック3連覇を達成。日本人初の五輪個人種目3連覇の記録でもある。
選考理由
アテネオリンピックで前人未到の五輪3連覇をはたした勇姿は記憶に新しい。そこには成熟した大人のメンタリティの強さがある。柔道も、そしてファッションも緊張を楽しみながらリラックスさせるという野村流は現代のファッションコンセプトにぴったりである。

pe

ペ・ヨンジュン(インターナショナル部門)
PROFILE
俳優
1972年8月29日ソウル生まれ。成均大學校映像学科で映像を学ぶ。 1995年にドラマ「愛の挨拶」でデビュー。 2002年に主演したドラマ「冬のソナタ」が韓国だけでなく、アジア各国でブームを起こし、現在、日本でも大人気。 2003年、映画「スキャンダル」で初主役を好演し、話題になっている。特技は剣道、合気道、ゴルフ。趣味は釣り。身長180cm 、血液型O型。
選考理由
「冬のソナタ」から始まった今年の韓流ブームの火付け役である。「微笑みの貴公子」ヨン様は眼鏡にマフラー、キリッとしたスーツ姿が多くの女性を虜にし、その人気は、韓国の文化を日本中に紹介することに繋がった。今年のインターナショナル部門はこの方をおいては考えられないであろう。

第32回ベストドレッサー賞2003

shiro

中村 史郎(政治・経済部門)
PROFILE
日産自動車 常務兼デザイン本部長
1950年大阪府生まれ。小学校の頃からノートに車の落書ばかりをする大の車好き。北野高校から武蔵野美術大学へ進学。1974年、いすゞ自動車入社。その後、米国アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン卒業。いすゞ《ジェミニ》などのデザインに関わった後、1999年10月、日産の再生計画「日産リバイバルプラン」の発表前日に、日産へ入社。約700人からなる日産デザイン部門のトップに就任。
選考理由
カーデザインはもちろん、日産という企業の統一したイメージ作りに関わり、もはや企業デザイナーとさえいえる中村氏。「右脳と左脳のバランス」を取りながら仕事に励むその時は、スーツにネクタイが一番という。ちなみにネクタイの購入には空港の免税店が品揃えの豊富さからもお勧めだとか。

hakase

葉加瀬 太郎(学術・文化部門)
PROFILE
ヴァイオリニスト
1968年大阪府生まれ、1990年、KRYZLER&KOMPANYのヴァイオリニストとしてデビュー。1996年、解散後ソロとして活動を開始。セリーヌ・ディオンのワールドツアーにスペシャルゲストとして参加し世界的存在となる。音楽家、ヴァイオリニストとしてだけでなく、本格的に個展を開く画家、FMラジオ番組のパーソナリティ、イベントの総合プロデュースなど、幅広い活動を展開。2002年、自らが音楽総監督としてレーベル”HATS”を設立し、様々なアーティスト、音楽を提供している。
選考理由
30歳のころにダンディズムに目覚め、洋服選びも、コーディネイトもすべて自分で決める。それが趣味だという氏の、更なる楽しみは、スコッチと葉巻を嗜みながらの靴磨き。やはりお洒落は足下からなのである。

gackt

Gackt(芸能部門)
PROFILE
アーティスト
1999年にソロ活動スタート。以来、音楽のみならず、映画、テレビ、ラジオ、CMと多方面に活躍。11月12日にマキシシングル「Last Song」、12月3日にはフルアルバム「Crescent」とマキシシングル「12月のLove Song(北京語バージョン)」、をリリース。北海道で作られた「Last Song」は「すごく冷たいんだけど、吸い込むと心の中が一瞬クリーンになるような風」を感じさせるような作品。12月17日にはDVD「PLATINUM BOY IV」を発売。
選考理由
流行を追いかけるのではなく、まず自分のスタイルを持つこと、個性を持つことが大切という。体のラインが出るようなデザインをあえて選び、体型を厳しく見つめ維持していく。スタイルを決めるにはまずボディからである。

hasekyo

長谷川 京子(芸能部門)
PROFILE
女優
1978年千葉生まれ、1994年、人気女性誌「CanCan」の専属モデルとしてデビュー。その後、様々な雑誌やCM出演を経て、2000年フジテレビ系の格闘技番組「SRS(スペシャル・リング・サイド」で3代目ヴィジュアルクイーンに抜擢。今春まで3年間をつとめ、また今夏は、自身初となる月9ドラマ「僕だけのマドンナ…and I love Her」でヒロインを演じた。9月5日には自らプロデュースしたフォトブック「Key of life」が刊行。来春オンエアーされる浅田次郎原作のNHK特集ドラマ「シェエラザード」にも出演予定。
選考理由
16歳でモデルの仕事を始め、女優として話題のドラマでヒロインを演じるようになった今、トレンドを追いかけていたモデルの頃とは違い、着こなしのポイントは、自分が居心地よくいられるよう、全体的なバランスを考え、どこかを着崩すこと。

hoshino

星野 仙一(スポーツ部門)
PROFILE
前阪神タイガース監督
1947年岡山生まれ。倉敷商業から明治大を経て、1969年に中日ドラゴンズへ入団。14年間エースを勤め、通算成績146勝121敗。うち巨人から35勝を挙げ「巨人キラー」に。1982年現役引退。1987年から5年間と1996年から6年間、中日の監督に就任し、2度のリーグ優勝を果たす。2002年から阪神タイガースの監督に就任し、今年、リーグ制覇。日本氏ルーズ優勝後、健康上の理由により監督を辞任。
選考理由
18年ぶりに阪神タイガースをセ・リーグ優勝へと導いた燃える男・星野仙一さん。ファッションセンスも野球と同じように学生の頃から磨き上げている。年間に80着もあつらえるというスーツには”2003星野”という刺繍が入り、ブランド名となって親しい人たちへと渡っていく。

shido

中村 獅童(日本伝統文化部門)
PROFILE
歌舞伎俳優
1972年東京都生まれ。本名・小川幹弘。1981年、歌舞伎座にて初舞台、二代目中村獅童を襲名。以後、歌舞伎座賞、国立劇場特別賞など受賞。2002年、オーディションを受け起用された映画「ピンポン」が公開、5つの新人賞を獲得。TBS「木更津キャッツアイ」、フジテレビ「HR」などのテレビドラマ、CM等にも出演。田口トモロヲ監督、宮藤官九郎脚本の映画「アイデン&ティティ」が12月中旬より公開。2004年1月にはNHK大河ドラマ「新撰組」、そして新春浅草歌舞伎への出演が決定。
選考理由
晴れの場所で着用する衣装のアイデアも自ら考え、そこにメッセージを込める。フォーマルからパンキッシュなコーディネイトまでこなすバラエティの豊かさは、古典芸能から現代劇まで幅広い、役柄を演じる表現者としての豊かさにも通じている。

tominaga

冨永 愛(インターナショナル部門)
PROFILE
ファッションモデル
1982年神奈川県生まれ。高校在学時よりファッションモデルとして活躍。国内外、数々のファッション誌のカバーを飾り、CM出演も多数。近年はパリ、ミラノ、ニューヨーク、東京とトップメゾンのコレクションに登場。海外での活躍に一層の注目を集める。2001年、第45回FECモデルオブザイヤー受賞。2003年FTBCキャンペーンモデルに選ばれる。
選考理由
世界中のトップメゾンが鎬を削る舞台で、活躍する日本人モデル。仕事に対するプロ意識の高さと、気持ちの強さがより必要とされる海外で、あくまで自然体、それでいて仕事に対してはどこまでも積極的に関わっていく彼女なればこその姿勢である。世界で磨かれたファッションセンスについては言わずもがなである。

第31回ベストドレッサー賞2002

p_01

安倍晋三(政治・経済部門)
PROFILE
内閣官房副長官
1954年山口県生まれ。77年成蹊大学法学部政治学科卒業後、南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学。79年神戸製鋼所入社。82年外務大臣秘書官。93年衆議院議員に初当選。2000年7月第二次森内閣官房副長官に就任。01年1月第二次森改造内閣官房副長官に就任。01年4月小泉内閣官房副長官に就任。
選考理由
交渉事を仕事にする政治家にとって、服装は第一印象を決める重要な要素である。さりげない個性がこれからの政治家には必要と、清潔感を大切にしたファッションを心がける。第2次アイビー世代の政治家である。

p_02

松永真理(学術・文化部門)
PROFILE
エディター・iモード開発者
1954年長崎県生まれ。77年明治大学文学部卒業後、日本リクルートセンター(現リクルート)入社。「とらばーゆ」などの編集長を経て97年7月からNTTドコモ企画室長としてiモードの開発に従事。2000年米国経済紙「フォーチュン」の「Most Powerful Woman in Business」のアジア第一位に選ばれた。現在、バンダイ社外取締役、松永真理事務所代表、NTTドコモアドバイザー。著書に「iモード事件」「なぜ仕事するの?」(以上、角川書店)などがある。
選考理由
時代によって気分によって「モード」を切り替える。それがiモードを開発した松永真理さんのファッション。女性の社会進出が進む今、松永さんは内閣IT戦略本部メンバーもつとめるキャリアウーマンのリーダー的存在である。

p_03

テリー伊藤(芸能部門)
PROFILE
演出家
1949年東京都生まれ。日本大学卒業後、テレビ番組制作会社”IVSテレビ”に入社。「天才たけしの元気が出るテレビ」「ねるとん紅鯨団」などヒット番組を手がける。その後独立し、テレビ東京「ASAYAN」の総合演出をするようになる。テレビ・ラジオの出演者としても活躍。著書にはテリー伊藤の「日本警察」改造計画(講談社)、「入門バクロ経済学」(朝日新聞社)他多数。
選考理由
中年男性の象徴である膨らんだお腹をなくすため、スポーツクラブに通い身体を鍛えている。ファッションにとって必要不可欠なシェイプされた肉体に纏うスタイルは、自分の軸を持った人からのみ生まれる個性溢れるテリーさんならではのカッコ良さである。

p_04

菊川 怜(芸能部門)
PROFILE
女優
1978年埼玉県生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。98年「オスカーグラビアグランプリ」に選ばれデビュー。ファッション誌の専属モデルを務めるほか「99東レキャンペーンガール」にも選ばれる。99年フジテレビ「危険な関係」で女優デビュー。2001年初主演映画「DOUBLE DECEPTION」は全米100館で公開される。02年には映画「GUN CRAZY 裏切りの挽歌」に主演。テレビの司会やラジオのパーソナリティーを担当するほか、キャスターにも挑戦するマルチタレントである。
選考理由
その年齢に見合った美しさ、経験から身に付いた上品さが重要。そしてそういう綺麗さを引き立ててくれる服が似合うような人間になりたいと、一日一日の積み重ねを大切にする才媛である。

p_05

宮本 恒靖(スポーツ部門)
PROFILE
ガンバ大阪所属・プロサッカー選手
1977年大阪府生まれ。同志社大学経済学部卒業。92年ガンバ大阪ユース入団。95年よりガンバ大阪にてDFとして活躍。97年U-20代表。98年U-21アジア大会代表。99年U-22代表。2000年A代表、同年シドニー五輪ベスト8、また、オールスター西軍最高得票獲得。01年A代表。02年FIFAワールドカップKorea・Japan代表。
選考理由
今年開催されたワールドカップでは、海外のメディアから黒いフェイスガード姿を「バットマン」と命名された日本を代表するフラットスリーの申し子宮本さん。その高い戦術理解力は、自分らしさを表現する流行のファッションにもいかされている。

p_06

東儀 秀樹(日本伝統文化部門)
PROFILE
雅楽師・作曲家
1959年東京都生まれ。幼少期を海外で過ごし、ロックをはじめさまざまなジャンルの音楽を吸収しながら成長し、高校卒業後、宮内庁式部職雅楽部の楽生科で雅楽を学び、86年に楽師となる。楽部では篳篥(ひちりき)を主に、琵琶、鼓類、歌、舞、チェロを担当。96年宮内庁楽部を退職、デビューアルバム「東儀秀樹」を発表。以降、現在まで10枚のアルバムを発表する。2002年蜷川幸雄演出による舞台「オイディプス王」の音楽を担当。また7月には法隆寺音舞台にてホセ・カレーラスとの共演をはたす。
選考理由
ピアノやシンセサイザーと組み合わせた楽曲を創作し、雅楽の新しい魅力を教えてくれた東儀さん。ひとつのスタイルに執着することなく自分がよいと感じるその基準に従って、ひとつの曲、ひとつの服にこだわる平成の楽師である。

p_07

ケリーチャン(インターナショナル部門)
PROFILE
女優・歌手
1972年香港生まれ。中学卒業後、神戸のカナディアン・アカデミーに3年間留学。その後、ニューヨークで4年間グラフィックデザインを勉強する。帰国後モデルとして活躍し、95年歌手・女優としてデビュー。香港はもとよりアジアが誇るトップスターとなる。日本では、2001年に映画「冷静と情熱のあいだ」が公開され話題となる。現在ドラマ・CMなどで活躍。
選考理由
香港はもとよりアジアで活躍中のケリーさん。常に主体的であろうとする姿勢は仕事やファッションにも現れている。「ファッションは、自分の一部。だからこそ自分の個性を表すようにいつも心がけている」という国際派である。

第30回ベストドレッサー賞2001

ishihara

石原 伸晃(政治・経済部門)
PROFILE
衆議院議員・国務大臣
1957年神奈川県生まれ。78年NYエルマイラ大学留学、81年慶應義塾大学文学部卒業。日本テレビ入社。政治部記者として大蔵省、外務省、官邸等を担当後、90年第39回総選挙で衆議院議員に初当選後4期連続当選。96年第2次橋本内閣にて、通 商産業政務次官、98年自民党金融再生トータルプラン推進特別調査会事務局長等を歴任。小泉内閣行政改革・規制改革担当大臣。
選考理由
「ファッションはとくに政治家にとって大切なもののひとつだ」と語る石原氏。行革担当大臣として政治家のファッションにも改革を起こす。

uno

宇野 康秀(政治・経済部門)
PROFILE
(株)有線ブロードネットワークス代表取締役社長
1963年大阪府生まれ。88年明治学院大学法学部卒業。株式会社リクルートコスモスを経て、89年人材サービス会社、株式会社インテリジェンスを創業。98年に株式会社サイバーエージェントの取締役に就任すると共に、大阪有線放送社(現ブロードネットワークス)社長。99年インテリジェンス会長。2000年第一種電気通 信事業者免許取得のため子会社ユーズコミュニケーションズを設立。2001年株式会社ユーズ・ビーエムビーエンターテイメント及び、モバイルインターネットサービス株式会社の取締役に就任する。
選考理由
「堅すぎず、柔らかすぎず」をモットーに自分に似合う服をごく自然に着こなす宇野氏。日本の未来を担うニュービジネスリーダー。

sado

佐渡 裕(学術・文化部門)
PROFILE
指揮者
1961年京都生まれ。京都市立芸術大学卒業。87年タングルウッド音楽祭に参加後、故レナード・バーンスタイン、小沢征爾等に師事。89年新人指揮者の登竜門として権威ある「ブザンソン国際指揮者コンクール」で優勝。95年「第1回レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクール」優勝。これまでにパリ管弦楽団、チェコフィル、ローマ・サンタ・チェチーリア管、など世界の一流オーケストラを指揮。現在コンセール・ラムルー管弦楽団首席指揮者、ジュゼッペ・ヴェルディ・ミラノ交響楽団首席客演指揮者、さらにフランス国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団の第一客演指揮者を務めるなど、世界中でもっとも注目されている若手指揮者である。録音活動も活発で、これまでに8枚のCDをリリースしている。著書に「僕はいかにして指揮者になったのか」(新潮社OH文庫)がある。
選考理由
演奏会での迫力ある燕尾服、タキシード姿もさることながら、氏の普段着すがたには、溢れる愛情と誠実さ、そして自由を愛する氏の生き様がにじみ出ている。

shinjo

新庄 剛志(スポーツ部門)
PROFILE
メジャーリーガー:ニューヨークメッツ
1972年福岡生まれ。西日本短大付属高校から89年ドラフト5位 で阪神タイガースに入団。強肩を生かした外野守備と俊足を武器に活躍し、ベスト・ナイン賞を2回、ゴールデングラブ賞を7回獲得。2000年シーズンオフにFAを宣言。ヤクルトや横浜などのオファーを断り、メジャーリーグのニューヨークメッツに入団を決める。2001年8月ダイヤモンドバックス戦で「メジャー日本人史上初の4番」を打つなど、123試合に出場し、打率2割6分8厘の活躍であった。
選考理由
強靭なバネを秘め持つスリムな体で、大胆にいろんなファッションを楽しみ、着こなす。見る人達にいつも期待を持たさせてくれる。

hirai

平井 堅(芸能部門)
PROFILE
歌手
1972年大阪府生まれ。93年Sony Music Entertainment Auditionに応募、7500人の中からファイナリストに選ばれビデオ・ジャム賞を受賞し、デビューを果 たす。2000年1月、8枚目のシングル「楽園」を発売。FMでのオンエアがきっかけとなりロングセラー化し大ブレイク。男性R&B界に大旋風を巻き起こす。
選考理由
スラリとした長身に彫りの深いマスク。その特徴を前向きにとらえ派手な原色系の服も見事に自分にマッチさせ着こなす。

ryoko

米倉 涼子(女性部門)
PROFILE
女優
1975年神奈川県生まれ。92年「第6回全日本国民的美少女コンテスト」審査員特別賞受賞後、キャンペーンガールやファッション誌専属などトップモデルとして活躍。2000年1月より女優としての活躍も開始し、テレビドラマに続けて6本出演する。2001年10月には初の主演映画「ダンボールハウスガール」が公開された。現在はCM、TV、ドラマ、バラエティー等で幅広く活躍中。
選考理由
「服を魅せる」モデルから、「自分を魅せる」女優に移行し、自分自身の表現手段として服をさらに魅力的に着こなす。

nabesada

渡辺 貞夫(グランドベストドレッサー)
PROFILE
音楽家
1933年栃木県生まれ。15歳からクラリネットをはじめ、高校のブラスバンドで演奏。54年秋吉敏子のコージー・カルテットに参加し、アルトの新人としてデビュー。62年米国のバークリー音楽院に入学し、65年に帰国。翌年発売した「ジャズ&ボッサ」で日本中にボサ・ノヴァブームを巻き起こす。その後51年に芸術祭大賞をジャズ界で初めて受賞。国内での演奏活動もさることながら海外での演奏も高く評価されている。95年より中学生達にリズム教育の指導をスタートさせ、若い世代に音楽の楽しさを伝えている。そして今年2001年はミュージシャン活動50周年となる。
選考理由
“ナベサダ”の愛称で国民的な人気を博す渡辺氏。好きなスタイルでステージに立つ氏の「かっこよさ」は、まさしく30年を代表するベストドレッサーといえよう。

第29回ベストドレッサー賞2000

水野 誠(政治・経済部門)/ 依田 巽(政治・経済部門)/ 浅田  次郎(学術・文化部門)/ 伊藤 英明(スポーツ・芸能部門)/ フィリップ トルシエ(スポーツ・芸能部門)/ 浜崎 あゆみ(女性部門)/ 高橋 尚子(特別賞)

第28回ベストドレッサー賞1999

石原 慎太郎(政治・経済部門)/ 石原 慎太郎(政治・経済部門)/ 和泉 元彌(学術・文化部門)/ 藤村 俊二(スポーツ・芸能部門)/ 織田 裕二(スポーツ・芸能部門)/ L’Arc~en~Ciel(スポーツ・芸能部門)/ 松嶋 菜々子(女性部門)

第27回ベストドレッサー賞1998

岩国 哲人(政治・経済部門)/ 田崎 真也(学術・文化部門)/ 三國 連太郎(スポーツ・芸能部門)/ 内藤 剛(スポーツ・芸能部門)/ 川口 能活(スポーツ・芸能部門)/ 吉川 ひなの(女性部門)

第26回ベストドレッサー賞1997

大西 正文(政治・経済部門)/ 野村 萬斎(学術・文化部門)/ 西村 雅彦(スポーツ・芸能部門)/ 長塚 京三(スポーツ・芸能部門)/ 飯島 直子(女性部門)

第25回ベストドレッサー賞1996

菅 直人(政治・経済部門)/ 谷本 正憲(政治・経済部門)/ 宮内 義彦 (政治・経済部門)/ 小林 よしのり(学術・文化部門)/ 小室 哲哉(スポーツ・芸能部門)/ 有森 裕子(スポーツ・芸能部門)/ 安室 奈美恵(女性部門)/ 石津 謙介(特別賞)

第24回ベストドレッサー賞1995

藤田 雄山(政治・経済部門)/ 樋口 廣太郎(政治・経済部門)/ 服部 幸應(学術・文化部門)/ 萩原 健一(スポーツ・芸能部門)/加藤 久(スポーツ・芸能部門)/ 西田 ひかる(女性部門)

第23回ベストドレッサー賞1994

梶原 拓(政治・経済部門)/ 安西 邦夫(政治・経済部門)/ 宮本 亜門(学術・文化部門)/ 中井 貴一(スポーツ・芸能部門)/ ラモス瑠偉(スポーツ・芸能部門)/ 山口 智子(女性部門)

第22回ベストドレッサー賞1993

細川 護煕(政治・経済部門)/ 米長 邦雄(学術・文化部門)/ 東山 紀之(スポーツ・芸能部門)/ 武田 修宏(スポーツ・芸能部門)/ 小谷 実可子(女性部門)

第21回ベストドレッサー賞1992

小林 陽太郎(政治・経済部門)/ 筑紫 哲也(学術・文化部門)/ 小林 稔侍(スポーツ・芸能部門)/ 鈴木 亜久里(スポーツ・芸能部門)/ 伊達 公子(特別賞)

第20回ベストドレッサー賞1991

福原 義春(政治・経済部門)/ 中沢 新一(学術・文化部門)/ 織田 裕二(スポーツ・芸能部門)/ 桐島 かれん(女性部門)/ 玉村 豊男(特別賞)/ 加藤 和彦(特別賞)

第19回ベストドレッサー賞1990

橋本 龍太郎(政治・経済部門)/ 宮本 文昭(学術・文化部門)/ 中畑 清(スポーツ・芸能部門)/ 松岡 修造(スポーツ・芸能部門)/ 高嶋 政伸(スポーツ・芸能部門)/ 浅野 ゆう子(女性部門)

第18回ベストドレッサー賞1989

石川 六郎(政治・経済部門)/ 景山 民夫(学術・文化部門)/ 田原 俊彦(スポーツ・芸能部門)/ 芹沢 信雄(スポーツ・芸能部門)/ 三田 佳子(女性部門)

第17回ベストドレッサー賞1988

千々岩 雄平(政治・経済部門)/ 山藤 章二(学術・文化部門)/ 鈴木 エドワード(学術・文化部門)/ 奥田 瑛二(スポーツ・芸能部門)/ 中嶋 悟(スポーツ・芸能部門)/ 浅野 温子(女性部門)

第16回ベストドレッサー賞1987

徳山 二郎(政治・経済部門)/ 夏木 陽介(スポーツ・芸能部門)/ 久米 宏(スポーツ・芸能部門)/ 九重 勝昭(スポーツ・芸能部門)/ 吉永 小百合(女性部門)

第15回ベストドレッサー賞1986

松浦 均(政治・経済部門)/ 北方 謙三(学術・文化部門)/ 小堺 一機(スポーツ・芸能部門)/ 陣内 孝則(スポーツ・芸能部門)/ 松本 恵二(スポーツ・芸能部門)/ 萬田 久子(女性部門)

第14回ベストドレッサー賞1985

犬丸 一郎(政治・経済部門)/ 鈴木 清順(学術・文化部門)/ 柴田 恭兵(スポーツ・芸能部門)/ 松尾 雄治(スポーツ・芸能部門)/ 桂 文珍(特別賞)/ 叶 和貴子(特別賞)

第13回ベストドレッサー賞1984

堤 清二(政治・経済部門)/ はら たいら(学術・文化部門)/ 松平 定知(学術・文化部門)/ 日野 皓正(スポーツ・芸能部門)/ 片山 敬済(スポーツ・芸能部門)/ 今野 雄二(スポーツ・芸能部門)/ 楠田 枝里子(特別賞)

第12回ベストドレッサー賞1983

河野 洋平(政治・経済部門)/ 原 清(政治・経済部門)/ 藤本 義一(学術・文化部門)/ 糸井 重里(学術・文化部門)/ 藤田 まこと(スポーツ・芸能部門)/ 江本 孟紀(スポーツ・芸能部門)

第11回ベストドレッサー賞1982

大賀 典雄(政治・経済部門)/ 村松 友視(学術・文化部門)/ 藤田 敏八(学術・文化部門)/ 原 辰徳(スポーツ・芸能部門)/ 堺 正章(スポーツ・芸能部門)/ ビートたけし(特別賞)

第10回ベストドレッサー賞1981

武藤  嘉文(政治・経済部門)/ 牛尾 治朗(政治・経済部門)/ 浅井 愼平(学術・文化部門)/ 世良 譲(スポーツ・芸能部門)/ 西本 幸雄(スポーツ・芸能部門)/ 湯原 信光(スポーツ・芸能部門)/ タモリ(スポーツ・芸能部門

第9回ベストドレッサー賞1980

柿沢 弘治(政治・経済部門)/ 五木 寛之(学術・文化部門)/ 若山 富三郎(スポーツ・芸能部門)/ 渡辺 貞夫(スポーツ・芸能部門)/ 立木 義浩(特別賞)/ 青木 功(特別賞)

第8回ベストドレッサー賞1979

盛田 昭夫(政治・経済部門)/ 糸川 英夫(学術・文化部門)/ 吉行 淳之介(学術・文化部門)/ 西城 秀樹(スポーツ・芸能部門)/ 小林 繁(スポーツ・芸能部門)

第7回ベストドレッサー賞1978

園田 直(政治・経済部門)/ 広中 平祐(学術・文化部門)/ 広岡 達朗(スポーツ・芸能部門)/ 西田 敏行(スポーツ・芸能部門)/ 郷 ひろみ(特別賞)

第6回ベストドレッサー賞1977

荒船 清十郎(政治・経済部門)/ 麻生 太郎(政治・経済部門)/ 植草 甚一(学術・文化部門)/ 坂東 玉三郎(スポーツ・芸能部門)/ 高見山 大五郎(特別賞)

第5回ベストドレッサー賞1976

入江 相政(学術・文化部門)/ 柴田 練三郎(学術・文化部門)/ 放駒 清一(スポーツ・芸能部門)/ 長嶋 茂雄(特別賞)

第4回ベストドレッサー賞1975

三笠宮 寛仁(学術・文化部門)/ 石原 慎太郎(学術・文化部門)/ 益田 喜頓(スポーツ・芸能部門)/ 木原 光知子(特別賞)

第3回ベストドレッサー賞1974

木村 俊夫(政治・経済部門)/ 野坂 昭如(学術・文化部門)/ 北大路 欣也(スポーツ・芸能部門)

第2回ベストドレッサー賞1973

佐藤  栄作(政治・経済部門)/ 梁瀬  次郎(政治・経済部門)/ 草柳 大蔵(学術・文化部門)/ 佃 公彦(学術・文化部門)/ 二谷 英明(スポーツ・芸能部門)/ 長谷川勝利(スポーツ・芸能部門)/ 布施 明(スポーツ・芸能部門)/ 大辻 伺郎(スポーツ・芸能部門)/ 生沢 徹(スポーツ・芸能部門)/ 尾崎 紀世彦(スポーツ・芸能部門)

第1回ベストドレッサー賞1972

砂田  重民(政治・経済部門)/ 佐治  敬三(政治・経済部門)/ 千 宗室(学術・文化部門)/ 黛 敏郎(学術・文化部門)/ 古波蔵保好(学術・文化部門)/ 西城 正三(スポーツ・芸能部門)/ 長谷川勝利(スポーツ・芸能部門)/ 布施 明(スポーツ・芸能部門)/ 大辻 伺郎(スポーツ・芸能部門)/ 都倉 俊一(スポーツ・芸能部門)

第4回渋谷ストリート・ベストドレッサー賞2015

2015_s_01

宮城 舞((渋谷ストリート部門)
PROFILE
モデル
2008 年より約 5 年間『JELLY〔ジェリー〕』の専属モデルとして活動しメインモデルを務める。『ViVi』4 月号から ViVi 専属モデルとして活動することを発表し「東京ランウェイ」、「東京ガールズコレクション」、「GirlsAward」など各種ランウェイ出演を行い、2015 年にはフランス人デザイナー・Jeremy Bueno氏のオートク チュールコレクションにて「パリコレ」デビューを果たす。モデルとしての活動の傍らファッションブランド「ヘザー」(HEATHER)の「コミュニケーションディレクター」としても活動しており商品開発のアドバイス、シーズンキャンペーンの立案、ブランドイメージ構築、およびノベルティの制作などに携わる。

2015_s_02

こんどうようぢ(原宿ストリート部門)
PROFILE
モデル
1992 年 12 月 25 日生まれ。抜群のファッションセンスと愛らしいキャラクターで、テレビ、雑誌を中心に活躍するカリスマ読者モデル。また 2014 年 8月にアーティストとしてメジャーデビュー、またジェンダーレスブランドDING のプロデューサーもつとめ、モデル活動以外でも注目を集める。

第3回渋谷ストリート・ベストドレッサー賞2014

street_t_01

山本 優希(渋谷ストリート部門)
PROFILE
モデル
高校生の時に渋谷109前でファッション雑誌『Ranzuki』の編集スタッフにスカウトされ読者モデルとして雑誌デビューをすることになる。その後、現在専属モデルを務める『JELLY』が創刊されるタイミングでモデル活動を本格化させた。多くのアパレルブランドのイメージキャラクターを飾り、ギャルのファッションアイコン、カリスマモデルとなる。現在ではギャルを卒業しハイブランドとカジュアルブランドをMIXさせた独自のファッションセンスが多くの読者に支持され「ネオギャルカルチャー」を第一人者として引っ張っていく注目の存在となる。

street_t_02

ゆら(原宿ストリート部門)
PROFILE
モデル
『KERA』を皮切りに『Zipper』や他多数雑誌に出演、各誌の表紙を勤め本人のみの特集も多数!! 持ち前の明るさと独特な雰囲気でイベント出演した際には歓声が鳴り止まない程。 見た目の可愛さと裏腹に本人が綴るブログやツイッターなどの意味不明な言葉や行動でゆら信者が増殖中!! 趣味がゲームなどのオタクの一面もあり現在青文字系雑誌界で最も注目を集める人気モデル。

第2回渋谷ストリート・ベストドレッサー賞2013

street_t_01

鈴木 あや(渋谷ストリート部門)
PROFILE
モデル
1990年1月2日生まれ。2007年7月号よりRanzuki専属モデルR`s(アールズ)として加入。その後、2008年1月号にて初表紙掲載後19回連続・通算42回もの表紙を飾り、前人未到の”伝説”を打ち立てた。また、この記録は同一雑誌にての表紙回数日本一を誇る。2012年3月号のピン表紙を最後に同誌を卒業し、EDGE STYLE に電撃移籍。移籍後、2012年6月号で表紙、2012年10月号にもピン表紙を飾り、EDGE STYLEの看板モデルとして活躍。現在は、雑誌に限らずTVやラジオと多方面で活躍中。

street_t_02

瀬戸 あゆみ(原宿ストリート部門)
PROFILE
モデル
1993年3月12日生まれ。青文字系雑誌「Zipper」を主にモデルとして活躍する。「キッズロック」というスタイルを確立した1人であり、彼女のクリエイティビティ溢れるコーディネートセンスは10代の原宿系女子から注目され、絶大な人気を博している。2013年10月には初のスタイルブック「AyumiKidz」を発売。また、自身でディレクション、デザインを行うアパレルブランド「Aymmy in the batty girls」(通称:Aymmy)が2014年春にデビューすることが決定している。

第1回渋谷ストリート・ベストドレッサー賞2012

street_t_01

孫 きょう
PROFILE
モデル
雑誌「アイラブママ」専属モデル兼トップブロガーであり、1児のママ。元109店員。雑誌「BLENDA」で活躍するモデルの「孫イ」は、二卵性双子の妹。親子でモデル活動を行う傍ら、自身がプロデュースするブランドを始動し、また、様々な社会貢献を精力的に行うなど、新世代のママたちを牽引する存在として注目を集めている。
選考理由
孫きょうさんは、渋谷カルチャーで育ったママたちから絶大な支持を得ているママ雑誌「アイラブママ」の専属モデルでトップブロガーです。親子でモデル活動を行うかたわら、自身がプロデュースするブランドを始動し、また様々な社会貢献を行うなど、新世代のママたちを牽引する存在として、注目を集めています。